2005.02.02

Health & Beauty Mail  Magazine  vol.180 2005,02,02

======================================================================
『日経ヘルス』メールマガジンをお届けします!!
======================================================================

 『日経ヘルス』のぞき見隊・隊長(自称)の竹島ぽてちです。
 とうとうスギ花粉の飛散Xデーまでカウントダウン状態となりました。みなさん戦闘体制は万全ですか? 私は今年、思い切って衣類乾燥機を購入! 花粉がくっつく、洗濯物の「ベランダ干し」は卒業です。さらに空気清浄機をかけまくり、できる限り“引きこもり”で難を逃れようと思っています。
 でも、引きこもりって運動しないから太っちゃうのよねー。せめて今月は「足首が細くなる足裏エクササイズ」を読んで、足首だけは太らないようにガンバります!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
日経ヘルス2004年3月号、本日発売(一部地域では異なります)
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

★ ☆ ★ Contents ★ ☆ ★

■1■ 「日経ヘルス」3月号はここに注目!
4特集+3スペシャルの「情報てんこ盛り号」はここがスゴい!

■2■ 体張って書いてます 語りましょう! 取材の裏側じっくりと
担当K記者が語る 「解毒ダイエット」体験記

■3■ 編集部観察日記 「日ヘル」はこんなヤツラが作っている!
日々是実験 Kデスクの巻

■4■ 「日ヘル」ミシュラン 今月号掲載の「アレ」を試食
これって、鳥のエサ?? 翌日は大量のウン○が……

■5■ あなたの投稿大募集 「日ヘル読者クラブ」
今月は「新入社員に薦めたいストレス解消グッズ」ほか

■6■ from日経ヘルスHP 最新 HEALTH NEWS
@日経ヘルスのホームページをちょっと覗き見

■7■ 編集後記

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■1■ 「日経ヘルス」3月号はここに注目!

今月の表紙はこの人→川原亜矢子さん
http://medical.nikkeibp.co.jp/health/f_hito.html

インターネットで今すぐ読める! 表紙の“生”撮影現場
http://medical.nikkeibp.co.jp/health/f_rupo.html


◆◆春の情報山盛り号3大特集◆◆

☆解毒スープでダイエット
体にたまった毒素を出して体内浄化
有害金属を排出するスープで「解毒」ダイエット
やせにくい原因は有害金属だった!?
「朝は解毒スープ」を10日で2kg減!

☆髪がイキイキ・額のシワにも効く首マッサージ
髪に元気がないのは耳の後ろのコリが原因!?
3分間の首マッサージで頭皮の水分大幅アップ
白髪、フケ、薄毛用の最新ヘアケア剤&治療法

☆大反響! 第2弾 遺伝子ダイエット
必ずわかる!あなたに合う「太らない食事」
「リンゴ型」?それとも「洋ナシ型」?
なんと決め手は「ほっぺの硬さ」だった!

☆ついに本番! 2005年花粉症戦線
困ったときの薬選び
今の症状別、最新治療ガイド
花粉を近づけない鉄壁マニュアル


◆◆こちらも見逃せない今月の”スペシャル”◆◆

☆『免疫革命』の安保徹教授式
あなたの免疫力がわかるチェックシート
性格、食生活などで免疫バランスを判定

☆饗庭(あいば)秀直さんの「5秒ダイエット」
足首が細くなる
足裏のエクササイズ
ご注意!ハイヒールは足裏筋が衰える

☆糖尿病は自分で治せる!
血糖値を下げる無理のない生活術
東京農大渡邊昌教授インタビュー
「糖尿病になって以前より健康になった」


◆◆今月はこれ↓も気になる◆◆
☆HOT TREND
玄米より栄養満点!
「キヌア」と「アマランサス」

☆サプリメント入門
肌がつやつや、骨が元気になる「コラーゲン」

☆キッズヘルス講座
赤ちゃんのアトピーに漢方が効く


▼▼▼書店にないときはこちらから! 本誌3月号を購入するには▼▼▼
https://bpstore.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/user/shoppingbag.pl?bookCode=099840107400

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■2■ 日経ヘルス記事体験記 体張って書いてます!

有害金属がホントに出た!
解毒スープの効果を尿検査で確認
報告:記者K(37歳女性)

 『日経ヘルス』自称“主任研究員”Kです。
 人様にお薦めする健康にイイコト。まずは自分達で試してみるのが信条の編集部ですから、後輩たちに「さぁ、Sちゃん、Yちゃん、今月はこれ試してみちゃいなさいっ!」とハッパをかけるのは、私の大事なお仕事。
 みんなこのメルマガで、私のことをずいぶんな言い方してるみたいですけど、これはイジメでも何でもないんですよ。
 だって健康にいいことは、自分のカラダで試すのが一番。新しい方法を誰よりも先に体験できるのって楽しい!

 でも今回ばかりはシビレマシタ。なんといっても相手は見えない敵、体に潜んでダイエットや不調の原因になる、水銀や鉛といった有害金属なのです。

 人は皆、食べ物、水、空気で生かされているわけですが、それらには微量ながら健康に悪影響を及ぼすこのような毒素も入っています。でも大丈夫!「毒素バスター」となる優秀な野菜や果物の存在が明らかになりました。
 今回編集部では、専門医や料理研究家と協力して、特に解毒力の強い野菜&果物を使ったスープを開発したのです!

 さてこのスープ、どのくらい解毒力があるのか?! それを調べるべく2日間の実験を行いました。
 毒素は尿や便から排出されます。なので、スープの力で尿に排出される毒素の量が増えるかを調べたのです。1日3食の内容を全く同じにした2日間のうち、1日目は寝る前にお湯を、2日目は解毒スープを飲み、それぞれ翌日の朝1番の尿に含まれる有害金属量を測って比べました。
 スープの翌朝の方が多ければ、「解毒できてる!」となるわけ。

 でもこれ、いつもの実験とは勝手が違うんです……。というのも、普段何かを食べて、「お通じが良くなる?」「肌がプルプルする?」なんて調べるときは、効いてる!効いてない!ってことがすぐに実感できます。でも今回は、はっきりいって「おお、毒が出てる出てる!」なんて 実感はありません。
 「ホントに、スープ一杯で効くのかなぁ」という思いが、ふと頭をかすめたり。

 実感がないだけに、実験中は妙に緊張しました。昨日食べたアレが品切れだったらどうしよう、食事のタイミングや量は間違ってないか、飲む水の量も同じがいいかなぁ、夜中に寝ぼけてオシッコしちゃったらデータ狂うなぁ……なんて不安で一杯。
 いつも、癒し系ならぬドヤシ系と評判の私Kの、実はガラスのような繊細なハートがドクドクしっぱなし。
 スープを飲んだ翌朝のトイレでは、「うーん、なんとなく昨日より濁ってて汚いカンジだし……」なんて、思わず非科学的な安堵を感じたり……

 で、気になる結果ですが、それはもう、実験期間中の不安は取り越し苦労もいいところ! 水銀などが、お湯を飲んだ翌朝の5倍も出てきたのです。さらに、このスープを毎日飲み続けてくれた読者モニターさんたちは、それだけでちゃんとダイエットできたたんです。
 解毒のパワーってすごい! と実感できた1カ月でした。

 さぁ次は何を試そうかなっ。


☆詳しくは 本誌3月号  P.18
「有害金属を排出する“解毒”ダイエット」をご覧ください。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■3■ 編集部観察日記 「日ヘル」はこんなヤツラが作っている!

日々是実験 Kデスクの巻

 濃いキャラ揃いの「日ヘル」編集部にいると、フツーな人に見えてしまうが、普通の会社に移植したら、相当な○○○○(←好きな言葉を入れてください)に違いないのが、このメルマガの編集担当でもあるKデスク(41歳男性)。

 ある夏の日、締め切り間際の編集部をペタペタと歩き回るKデスクの足音が聞こえる。足元を見ると異様なサンダル。
 「あ、コレ? 通販で見つけて速攻で買ってみた鼻緒が2本あるビーチサンダル。外側の鼻緒は薬指と小指で挟むんだ。普通のサンダルより足指で自然に踏ん張れるはずなんで、実験中!」

 また、ある秋の日、編集部で見慣れない野球帽をかぶっているKデスク。
 「あ、コレ? 帽子の後ろに500ml入りのペットボトルを吊るしてあってね。ほら(と、振り返って見せる)。これで首が正しい姿勢に矯正されて肩が凝りにくくなるはずなんで、実験中!」

 またまた、ある冬の日、談笑中の女性記者の輪の中に、Kデスクがニコニコしながら登場。
 「ねえねえ、画期的なエクササイズを発見しちゃったんだけど、見たい?」もちろん「見たくない」なんて言いたくても言える空気じゃない。と、おもむろに編集部の床(もちろん全員土足)に仰向けに寝転がるKデスク。抱えた両脚を両手でつかみ、ズリズリと上下に揺れ始める。
 「いやぁ、ちょっと恥ずかしいポーズだけどね。これは腸に効くんだ!」って、それは「赤ちゃんがオムツを換えるときのポーズ」ですよ。よそでやったら犯罪(?)だけど、一応「おぉ!」とか言って拍手してる哀しい「日ヘル」女性陣。

 ところで、このKデスク、ただの“実験くん”ではない。サプリに繊維に乳酸菌、各種下剤から腸洗浄まで網羅する、泣く子も黙る“便通博士”なのである。もちろん全てを自分の体で実験している。
 あるライターさんの結婚披露パーティーに、友人と出席していたとき。会場でKデスクと遭遇。
 「え、Kデスクって、あのウン○記事のKさんですか? うわ、腸洗浄の話聞きたい! 聞かせてください!」と我が友。
 「いいですよ、腸洗浄の話は奥が深い。で何時間コースで話しましょうか?」……って、最低単位が「1時間」なのね、Kデスク。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■■お知らせ:世界のサプリメント事情のセミナーを開催■■

3月14日(月)〜20日(日)の7日間、ワシントン・ロサンゼルス・アナハイムを中心に「米国栄養補助食品事情視察ツアー 〜科学的根拠のための研究最前線視察〜」が実施されます(企画・NNFA JAPAN、主催・日本通運、後援・日経ヘルス)。これに先立ち、「世界の栄養補助食品の実態について」のセミナーを開き、世界のサプリメント動向を解説します。ご参加をお待ちします(セミナーのみのご参加も可能です)。

・講 師: 稲葉 厚氏(前米国大使館 上席商務専門官)
・日 時: 2005年2月14日(月) 14:00〜15:30
・場 所: 日本通運(株)本社ビル 16階  AV会議室
・受講料: 3,000円
・お問い合わせ、お申し込み:下記担当者までお願いします。
Tel 03-6251-6357  担当:日本通運(株) 首都圏旅行支店 野田・吉田
視察ツアーの概要は、http://www15.nittsu.co.jp/travel/event/npew/

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


■4■ 「日ヘル」ミシュラン 今月号掲載のアレ、試食してみましょー

これって、鳥のエサ? でも、その「ウン○力」にあぜん!
3月号ホットトレンド掲載
「キヌア・リゾット」の巻

 「日ヘル」女性陣が、手に“鳥のエサ”を持って、何やら話している。どうやらキヌアとかいうものらしい。

 「え、それ人間が食べるの!?」
 「もちろん。食べてみる?」

 ……というわけで、今回はキヌアを使ったリゾットに挑戦。
 K記者から送られてきたレシピを片手に、キヌア、トマト、セロリなど材料をゲット。キヌアをざっと洗って鍋で炊きながら、他の材料をドシャドシャと入れていくだけ。非常に簡単、すぐできる。
 トマト味で野菜たっぷりのリゾットは、ちょっとミネストローネ風でランチにちょうどいい感じ。腹もちもいい。でも、「リゾットなんだからもう少しキヌアが多いほうがいいかも」
 「カレー味もおいしいはず」などと考え、夕食にもう1回作って試食。
 あーおいしかった。

 と、ここで終わるはずだったんだけど、びっくりしたのはここから。
 翌日、翌々日と、すっごい量のウン○が出たのです! 普段から全然便秘してないはずの私。それなのに翌日は3回(いずれも大量)、翌々日は2回(またしても大量)と、気分はすっかり「ウン○マシーンに変身中!」。それにし ても、毎日ちゃんと出てるお腹の、どこにあんなにウン○があっ
たんだっ!
 で、あんなに出たのに体重変わらないってどうしてなんだっ???

うまい度 :★★★★
ヘルシー度:★★★
出る度  :★★★★

(★四つで満点)

くわしいレシピや効果については 3月号 P. 9 Hot Trend
『玄米より栄養満点「キヌア」と「アマランサス」』をご覧ください。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■5■ あなたの投稿大募集!

今月のお題●3月2日必着で〜す!

その1】
新入社員に薦めたいストレス解消グッズ
「トイレでシュワッとアロマスプレーを吹きかけてリフレッシュ」
「手のひらサイズで目立たないツボ押しグッズ」などなど、
職場でコッソリ使える、お気に入りのストレス解消グッズは?

その2】
アッと驚く重曹の使い方 
「我が家のフワフワバターオムレツ。ヒミツは一つまみの重曹!」
「入浴剤代わりに重曹を入れれば、お肌スベスベ」などなど、
重曹の意外な活用方法を教えてください! 


       ●●●●

宛先:health@nikkeibp.co.jp(このメールに返信してください)
本文:ハンドル名(ペンネーム)をご記入下さい。
掲載に差し支えなければ、ご本名でも結構です。

フリースタイル投稿も募集しています
宛先: health@nikkeibp.co.jp

・「日経ヘルス」本誌へのご感想は?
・これからどういった企画の記事を読みたいですか?
などなどご自由にご意見をお送り下さい。誌面作りの参考にさせていただきます。またこのメールマガジンに対するご意見ご希望ご感想も募集しています。

●送信していただいた投稿メールについて
(1)本誌、本メールマガジン、ホームページに掲載させていただくことがあります。
(2)掲載の際、文字数などの関係で文面に手を加えさせていただく場合があります。
(3)正確を期すため、メールにて投稿内容を確認させていただくことがあります。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■6■ from日経ヘルスHP 最新 HEALTH NEWS

日経ヘルスのホームページをちょっと覗き見

●毎日ビールやワインを飲むおばあちゃんは頭がシャープ

毎日、ビールあるいはワインを適量飲んでいる高齢女性は記憶力、思考力が飲まない同年の女性よりシャープであることがわかった。医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に報告された。

(続きが気になったら、こちら↓を見てね)
http://medical.nikkeibp.co.jp/show/nh/news/355245

ほかにもこんなニュースが出ています

●葉酸が高血圧を予防−−15万人の女性を調べてわかる
http://medical.nikkeibp.co.jp/show/nh/news/355690

●最もストレスが大きい職業は、教師、救急車のスタッフ
http://medical.nikkeibp.co.jp/show/nh/news/354141


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■7■ 編集後記

  花粉もそうだけど、「バレンタインデー」もカウントダウンに突入ですね。そんな編集部の「おやつ置き場」に、どこからの頂きものか、子供用の枕ほどもあるでっかいチョコレートの塊が!
 まずは空手有段者の制作スタッフさんにトリャッと割ってもらい、そこからチビチビと切り崩し、何カ月か計画で食べ進めるばずが……あっという間に食べ終わってしまいました。
 チョコの吸引力って強大! 逆らえないわっ!!

 えっ? 私以外の人はあんまり食べてないって?……

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

日経ヘルスメールマガジン

●お申込み&登録解除
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/health/index.html

●バックナンバー
http://medical.nikkeibp.co.jp/MED/colm/

●お問い合わせはこちらまで。
health@nikkeibp.co.jp


毎月1回発行・登録無料
発行:西沢邦浩(日経ヘルス編集長)
編集:竹島ぽてち
協力:日経ヘルス編集部、同誌ライター
●本メールマガジンからの無断転載を禁じます。
Copyright(C)2005 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132