2005.02.02

【日本消化管学会速報】 ブロッコリースプラウトで胃炎が治る? 進行中の臨床試験で有効性示す結果出る

 癌予防に効果的だとして人気があるブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)を食べることによって胃炎の症状が良くなる――。こんな研究結果が、1月28〜29日に開催された第1回日本消化管学会総会で報告された。

 これは、筑波大学人間総合科学研究科病態制御医学専攻の谷中昭典氏が発表した研究。谷中氏らは、ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンという成分が抗酸化作用と抗ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)作用を持つというin vitroレベルでの論文に注目し、H.ピロリ感染マウスによる検討とH.ピロリ感染者に対する臨床試験を行った。

 120匹のマウスを、H.ピロリ陽性群とH.ピロリ陰性群に分けた。そして、それぞれの群を高塩分食群と通常食群に分け、さらに、ブロッコリースプラウトを加える群と加えない群に分けた。2カ月間の摂食の後、胃粘膜の変化などを検討したところ、ブロッコリースプラウトを加えた群では、他群に比べ、H.ピロリ数の減少や胃粘膜萎縮の進行抑止などの効果がみられた。

 これを受けて、H.ピロリ感染者60人(ボランティア参加)を、30人ずつに分け、それぞれにアルファルファもしくはブロッコリースプラウトを1日100gずつ8週間毎日食べてもらう実験を始めた。実験前後に、便中H.ピロリ抗原と血清ペプシノゲン値を測定し、H.ピロリ数と胃炎の程度を評価した。

 実験は進行中で、まだ、ブロッコリースプラウトを8週間食べた9人分のデータしかない段階だが、摂食開始から4週間後、8週間後のいずれも、血清ペプシノゲン値は有意に低下し、炎症程度の改善が示唆される結果となったという(P<0.05)。

 谷中氏は、「ブロッコリースプラウトは、活性酸素の働きを抑制する、いわゆるラジカルスカベンジャーとして働き、炎症を抑えると考えられる。まだ実験は途中の段階なので、さらに検討を進めていきたい」と話している。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1