2005.02.01

EC委員会、ジャンクフードCMの自主規制を業界に要求

 British Medical Journal誌2005年1月29日号のNews roundupで、EC委員会が、食品業界に対して、青少年の肥満を招く食品のTV CMを徐々に廃止するよう、圧力を強めていると報じている。

 EC委員会は、ジャンクフードのTV CMの自主規制の方法について、6カ月間にわたって業界代表との話し合いを続けてきた。その間、EUの健康・消費者問題担当委員Markos Kyprianou氏は、合意に至らなければ法律制定をいとわないと警告してきた。EU食品飲料業連合に代表される業界に対して、同氏は約1年という期限を示した。その間に明らかな変化が見られなければ、立法化を準備するという。同氏によると、これまでのところは、業界からポジティブな反応が得られている。

 英国Londonを本部とする国際肥満対策委員会によると、欧州では、毎年40万人ずつ肥満児が増えている。2002年には、ほぼ4人に1人が肥満で、EU加盟国全体ではその数は約1400万人にのぼる。南に位置する国ではその割合が高く、イタリアでは9歳児の36%が肥満だという。

 英国政府は先月、肥満増に対応するための医療従事者の訓練に300万ポンドを投じると決めたばかり。米国の自動販売機業界は、100万ドルをかけて肥満予防キャンペーンを行うと先日発表した。米国Kraft Foods社は、6歳から11歳を対象とするすべてのCMおよび印刷広告の取りやめを計画している。

 日本では、子供の肥満は今のところ深刻な問題になっていない。しかしファストフードやスナック菓子は、ゲームと共に、子供たちの日常生活に完全に定着している。

 子供番組に挿入されるCMは、新製品の売り上げを確実に伸ばしている。肥満先進国に学ぶことは多いはずだ。

 原題は「Food industry is under pressure to drop junk food advertisements」、抜粋はこちらで閲覧できる。 (大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  2. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:21
  3. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:141
  4. 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』最終案… リポート◎冠動脈疾患の発症を重視した動脈硬化治療の新指針 FBシェア数:264
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  6. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  9. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:43