2005.01.29

【ヘルスケア2005速報】 「世界一の癒しロボット」としてギネスに認定されたあざらし型ロボット「パロ」

 現在、高齢者介護の現場では、QOL向上の一環としてさまざまな療法が試みられている。なかでも注目されているのがアニマル・セラピーだ。動物と触れ合うことで心の病の治療や予防、身体のリハビリテーションなどに高い効果を発揮する。

 しかし、本物の動物を使ったアニマル・セラピーを行なう場合、動物アレルギーや人獣共通感染症、噛み付きや引っ掻きの事故など、多くの問題に直面する。在宅ケアにおける導入でも、世話の問題やマンションにおけるペット飼育禁止などの壁がある。

 こうした問題の解決に役立つのが、産業技術総合研究所が開発した「パロ」だ。1993年に研究開発をスタートしてから、「セラピーロボット」としての機能はもちろん、安全性、耐久性、衛生面の改良を重ね、昨年秋、新たに設立したベンチャーである知能システムから発売した。この間、小児病棟や高齢者介護施設での実証実験を通じ、心理的効果や生理的効果、社会的効果が確認された。その結果、2002年には「世界一の癒しロボット」としてギネス世界記録の認定を受けている。価格は付属品込みで42万円(税込み)。

 パロには全身にセンサーが装着されており、視覚、聴覚、触覚、運動感覚などとして機能する。これによって、人や周囲の状況を感じ取り、あたかも心や感情があるかのように反応の仕方を変えたり、鳴き声を出したりする。

 たとえば、後ろから呼びかけると振り向いたり、瞬きをして表情が変わったり、頭や手足が動かして驚いたり、喜んだりして人の心を和ませる。朝・昼・夜で挙動が変わり、眠くなったり、活発に行動したりする。飼い主の好みの行動を学習する機能もあり、生きたペットとの触れ合いに近い効果を実現する。

 バーンアウト(燃え尽き症候群)についての評価を行ったところ、パロを導入した場合、介護者や看護師のストレス低減にも役立つことが明らかになったという。介護される側だけでなく、介護する側にもセラピー効果をもたらすパロの今後の活躍に期待したい。(成田龍、フリーライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:177
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:34
  5. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:0
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  8. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:152
  9. 専門医機構の新理事長は医学会連合の寺本民生氏 2019年度の専攻医募集は「9月を目指す」 FBシェア数:0
  10. 熱中症で倒れた新撰組沖田総司 病と歴史への招待 FBシェア数:26
医師と医学研究者におすすめの英文校正