2005.01.28

【ヘルスケア2005速報】 入浴ごとに新しい湯を使用する省スペース・高機能の車椅子入浴装置「トゥッティ」

 車椅子生活を強いられている高齢者にとって入浴のひとときは大きな喜びだ。オージー技研は、入浴タイムをよりリラックスし快適に過ごせる車椅子入浴装置「トゥッティ」を発表した。高機能ながら小型化し、省スペースを実現した「トゥッティ」は、そのコンパクトな外観とゆったりした浴槽で2004年グッドデザイン賞を受賞した。希望納入価格は560万円。2004年7月の発売後、既に200台近い納入実績があるという。

 大きな特徴は入浴ごとに新しい湯を使用する「新湯」方式を採用したこと。殺菌やろ過が不要になり、入浴者は清潔で快適な入浴ができる。また、自動排水システムで残水を解消し、浴槽内の清掃が簡単になった。

 利用者を乗せて浴槽に運ぶ搬送車の背もたれが水密ドアになる方式で浴槽ドアの開閉スペースが不要になり、操作性・安全性が向上した。施設のボイラーから温水を供給する方式で、専用タンクと浴槽への給湯時に45度以上の熱水が入ると、自動的に排出、または給湯停止する安全機能がある。肩掛けシャワーの搭載など、入浴者・介助者へのキメ細かな配慮がうかがえる。(成田龍、フリーライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正