2005.01.28

【エイズを見直す】「年間新規報告数が1000件を超える」の衝撃度

 1月26日、衝撃的な数字が発表された。エイズ動向委員会がまとめた年間報告(速報)によると、2004年の1年間に新たに報告されたHIV感染者は748件、エイズ患者は366件でいずれも過去最多だった。合計で1114件となり、年間報告数としては初めて1000件を突破してしまった(図参照、速報はこちら)。

 委員長コメントの中には、「異性間感染ではHIV感染の捕捉率が低い可能性がある。数字に表れていないHIV感染が示唆される」とのくだりがあった。異性間感染で、HIV感染者の割合がエイズ患者数に比べて低いことに着目したものだ。わが国のHIV感染の実態は、数字以上に深刻であることを再認識すべきだろう。

 昨年12月に開かれた日本エイズ学会で、わが国でのエイズ大流行の予兆を疑わせる数字が明らかになった。全国1600カ所以上の病院(産婦人科)から報告されているHIV感染妊婦の症例数が40件となり、前年度の報告数27例の約1.5倍に増えたというものだ。この2、3年、30例前後で推移し、前年度は27例と落ち着いていただけに、一挙に1.5倍の40例に増えたことは、まさに懸念すべき数字だった(関連トピックス)。

 HIV感染妊婦の症例数の急増に引き続き、今回の「年間新規報告数が1000件超」という結果が出たことは、日本でのHIV感染のコントロールが必ずしもうまくいっていない証左となる。もう一度、エイズ対策全般を見直す時期に来ている。(三和護、医療局編集委員)

■ 関連トピックス ■
◆ 2005.2.1 新規HIV感染者とエイズ発症者がついに1000人を突破

◆ 2004.12.9 エイズ大流行の予兆か、HIV感染妊婦の報告数が急増、前年度の約1.5倍に

◆ 2005.1.28 FDAがエイズ治療用抗レトロウイルス薬の後発品を仮承認、発展途上国に供与へ

◆ 2005.1.14 エイズを見直す】
日本の小児HIV感染者・AIDS患者にも、直面する緊急課題がある


◆ 2004.4.1 男性の亀頭包皮切除(包茎手術)はエイズ感染の危険を85%減らす−−インドでの研究で判明

◆ 2003.12.1 2003年世界の新たなエイズによる死者は300万人と過去最高に、WHO報告書

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256