2005.01.28

【エイズを見直す】「年間新規報告数が1000件を超える」の衝撃度

 1月26日、衝撃的な数字が発表された。エイズ動向委員会がまとめた年間報告(速報)によると、2004年の1年間に新たに報告されたHIV感染者は748件、エイズ患者は366件でいずれも過去最多だった。合計で1114件となり、年間報告数としては初めて1000件を突破してしまった(図参照、速報はこちら)。

 委員長コメントの中には、「異性間感染ではHIV感染の捕捉率が低い可能性がある。数字に表れていないHIV感染が示唆される」とのくだりがあった。異性間感染で、HIV感染者の割合がエイズ患者数に比べて低いことに着目したものだ。わが国のHIV感染の実態は、数字以上に深刻であることを再認識すべきだろう。

 昨年12月に開かれた日本エイズ学会で、わが国でのエイズ大流行の予兆を疑わせる数字が明らかになった。全国1600カ所以上の病院(産婦人科)から報告されているHIV感染妊婦の症例数が40件となり、前年度の報告数27例の約1.5倍に増えたというものだ。この2、3年、30例前後で推移し、前年度は27例と落ち着いていただけに、一挙に1.5倍の40例に増えたことは、まさに懸念すべき数字だった(関連トピックス)。

 HIV感染妊婦の症例数の急増に引き続き、今回の「年間新規報告数が1000件超」という結果が出たことは、日本でのHIV感染のコントロールが必ずしもうまくいっていない証左となる。もう一度、エイズ対策全般を見直す時期に来ている。(三和護、医療局編集委員)

■ 関連トピックス ■
◆ 2005.2.1 新規HIV感染者とエイズ発症者がついに1000人を突破

◆ 2004.12.9 エイズ大流行の予兆か、HIV感染妊婦の報告数が急増、前年度の約1.5倍に

◆ 2005.1.28 FDAがエイズ治療用抗レトロウイルス薬の後発品を仮承認、発展途上国に供与へ

◆ 2005.1.14 エイズを見直す】
日本の小児HIV感染者・AIDS患者にも、直面する緊急課題がある


◆ 2004.4.1 男性の亀頭包皮切除(包茎手術)はエイズ感染の危険を85%減らす−−インドでの研究で判明

◆ 2003.12.1 2003年世界の新たなエイズによる死者は300万人と過去最高に、WHO報告書

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97