2005.01.27

【サプリ&機能性食品2005速報】 ヒガシマル醤油、PubMed収録論文誌に3本投稿 しょう油成分に、抗アレルギーと花粉症改善効果

 この展示会では、展示ブースに「エビデンスパネル」を表示している。パネルには、学会発表や論文発表など、有効成分の検証データをどんな場で発表したかを示すマークがついている。中でも「PubMed」マークは、米国の公的な医学論文検索サイト「PubMed」でヒットする、信頼度の高い論文を発表していることを示す。

 その「PubMed」マークを表示している一つが、ヒガシマル醤油のしょうゆ多糖類「SPS」。同社はPubMedでヒットする信頼度の高い論文誌に三つの論文が採用された(うち一つは印刷中)。同社はそれらの研究成果を、1月27日11時からの「サプリ&機能性食品2005」のオープンシアターで発表した(写真)。

 SPSは、しょうゆを作る過程でできる。同社はこの成分に抗アレルギー作用があることを発見し、総合健康開発研究所(東京)と共同でヒト試験を実施。通年性アレルギーには発症後の摂取、スギ花粉症には発症前からの摂取で症状を抑えることがわかった。SPSの摂取量は1日600mg。この量は、生揚げ(加熱していない)醤油の60mlに相当する。同社はSPS配合のサプリメント「四季爽快」(15日分、1575円)の通信販売を行っている。眠くなるといった副作用はないという。日本の伝統調味料のサプリに注目したい。(白澤淳子、日経ヘルス

展示会のホームページはこちらです。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1