2005.01.27

【サプリ&機能性食品2005速報】 ヒガシマル醤油、PubMed収録論文誌に3本投稿 しょう油成分に、抗アレルギーと花粉症改善効果

 この展示会では、展示ブースに「エビデンスパネル」を表示している。パネルには、学会発表や論文発表など、有効成分の検証データをどんな場で発表したかを示すマークがついている。中でも「PubMed」マークは、米国の公的な医学論文検索サイト「PubMed」でヒットする、信頼度の高い論文を発表していることを示す。

 その「PubMed」マークを表示している一つが、ヒガシマル醤油のしょうゆ多糖類「SPS」。同社はPubMedでヒットする信頼度の高い論文誌に三つの論文が採用された(うち一つは印刷中)。同社はそれらの研究成果を、1月27日11時からの「サプリ&機能性食品2005」のオープンシアターで発表した(写真)。

 SPSは、しょうゆを作る過程でできる。同社はこの成分に抗アレルギー作用があることを発見し、総合健康開発研究所(東京)と共同でヒト試験を実施。通年性アレルギーには発症後の摂取、スギ花粉症には発症前からの摂取で症状を抑えることがわかった。SPSの摂取量は1日600mg。この量は、生揚げ(加熱していない)醤油の60mlに相当する。同社はSPS配合のサプリメント「四季爽快」(15日分、1575円)の通信販売を行っている。眠くなるといった副作用はないという。日本の伝統調味料のサプリに注目したい。(白澤淳子、日経ヘルス

展示会のホームページはこちらです。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19