2005.01.27

【サプリ&機能性食品2005速報】 ヒガシマル醤油、PubMed収録論文誌に3本投稿 しょう油成分に、抗アレルギーと花粉症改善効果

 この展示会では、展示ブースに「エビデンスパネル」を表示している。パネルには、学会発表や論文発表など、有効成分の検証データをどんな場で発表したかを示すマークがついている。中でも「PubMed」マークは、米国の公的な医学論文検索サイト「PubMed」でヒットする、信頼度の高い論文を発表していることを示す。

 その「PubMed」マークを表示している一つが、ヒガシマル醤油のしょうゆ多糖類「SPS」。同社はPubMedでヒットする信頼度の高い論文誌に三つの論文が採用された(うち一つは印刷中)。同社はそれらの研究成果を、1月27日11時からの「サプリ&機能性食品2005」のオープンシアターで発表した(写真)。

 SPSは、しょうゆを作る過程でできる。同社はこの成分に抗アレルギー作用があることを発見し、総合健康開発研究所(東京)と共同でヒト試験を実施。通年性アレルギーには発症後の摂取、スギ花粉症には発症前からの摂取で症状を抑えることがわかった。SPSの摂取量は1日600mg。この量は、生揚げ(加熱していない)醤油の60mlに相当する。同社はSPS配合のサプリメント「四季爽快」(15日分、1575円)の通信販売を行っている。眠くなるといった副作用はないという。日本の伝統調味料のサプリに注目したい。(白澤淳子、日経ヘルス

展示会のホームページはこちらです。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256