2005.01.27

【サプリ&機能性食品2005速報】 トクホ市場、2兆円規模に拡大する可能性 混合診療解禁やエビデンス充実などが課題

 食品の効能効果を表示できる特定保健用食品(トクホ)市場が今度、医療制度の改革などで一段と伸びる可能性が出てきた。

 総合医科学研究所(大阪府豊中市)取締役で、大阪外国語大学保健管理センターの梶本修身助教授(写真)が、1月27日午後の「サプリ&機能性食品2005」テクニカルセッションで講演。総医研は「新規トクホ案件の約7割を受託している」企業で、梶本助教授はトクホ請負人として有名だ。

 梶本助教授はトクホの将来を展望して、「混合診療が解禁されれば、トクホ市場が一段と伸びる」とし、「医師が生活習慣病予防にトクホを利用するようになれば、トクホ市場は現在の2倍以上の2兆円規模に拡大する」と予測。その時、医師が使いたくなるトクホ商品の条件を示した。

 (1)医師にとって医薬品以上の利益幅があること、(2)患者を納得させうる医薬品並みの信頼できるエビデンス、(3)医師がうんちくを語れる医学的メカニズム(作用機序)、(4)権威ある学会や大学での学術的後押し――などが必要だという。

 さらに梶本助教授は、注目している今後のトクホ表示として「抗疲労」と「血管内皮機能改善」を挙げた。これらの指標(マーカー)づくりに力を注いでいることを話して、講演を締めくくった。(白澤淳子、日経ヘルス

展示会のホームページはこちらです。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正