2005.01.27

【サプリ&機能性食品2005速報】 トクホ市場、2兆円規模に拡大する可能性 混合診療解禁やエビデンス充実などが課題

 食品の効能効果を表示できる特定保健用食品(トクホ)市場が今度、医療制度の改革などで一段と伸びる可能性が出てきた。

 総合医科学研究所(大阪府豊中市)取締役で、大阪外国語大学保健管理センターの梶本修身助教授(写真)が、1月27日午後の「サプリ&機能性食品2005」テクニカルセッションで講演。総医研は「新規トクホ案件の約7割を受託している」企業で、梶本助教授はトクホ請負人として有名だ。

 梶本助教授はトクホの将来を展望して、「混合診療が解禁されれば、トクホ市場が一段と伸びる」とし、「医師が生活習慣病予防にトクホを利用するようになれば、トクホ市場は現在の2倍以上の2兆円規模に拡大する」と予測。その時、医師が使いたくなるトクホ商品の条件を示した。

 (1)医師にとって医薬品以上の利益幅があること、(2)患者を納得させうる医薬品並みの信頼できるエビデンス、(3)医師がうんちくを語れる医学的メカニズム(作用機序)、(4)権威ある学会や大学での学術的後押し――などが必要だという。

 さらに梶本助教授は、注目している今後のトクホ表示として「抗疲労」と「血管内皮機能改善」を挙げた。これらの指標(マーカー)づくりに力を注いでいることを話して、講演を締めくくった。(白澤淳子、日経ヘルス

展示会のホームページはこちらです。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239