2005.01.27

【ヘルスケア2005速報】 小学校隣接という立地を活かして小規模多機能に成功

 医療システム研究所の井上博文氏は1月27日、ヘルスケアフォーラム2005のアドバンスセッションで、「小規模多機能」施設の成功の要因として、小学校の隣接地という立地条件を生かし、学童保育を展開するなどの地域密着の働きかけを挙げた。同氏は、介護保険の見直しに先駆けて、小規模多機能施設である「せんだんの杜なかつやま」を設計した実績がある。

 なかつやまは、宮城県桃生町にある東北福祉大学の関連法人が経営する複合サービス施設。デイサービスと9室のグループホームに加え、独自のショートステイ事業を組み合わせて2003年3月から運営している。現在、議論されている小規模多機能のモデル的存在といえる。

 同施設は、小学校に隣接した幼稚園跡地に建設されたもので、設計者の井上氏の考えで、小学校との境界にはフェンスなどを設置せず、行き来を自由にし、遊具の一部もそのまま残すなどの工夫を加えている。さらに独自の予算で建設したショートステイの居室を利用して、学童保育を手がけ、高齢者と地域の児童が自然な形で交流できるよう心がけているという。

 小規模多機能施設を定着させるには、「利用者とその家族だけが訪れる施設にはせず、地域にオープンにする工夫が必要だ」と井上氏は強調する。現在、同じ宮城県仙台市でデイサービスと保育園、高齢者向けアパートを組み合わせた「シンフォニー将監」という民間施設も手がけているが、ここでも地元の画家に施設の壁画の作成を依頼するなど、地域とのつながりを重視した仕掛けを取り入れているという。(MedWave編集部)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25