2005.01.27

【ヘルスケア2005速報】 小学校隣接という立地を活かして小規模多機能に成功

 医療システム研究所の井上博文氏は1月27日、ヘルスケアフォーラム2005のアドバンスセッションで、「小規模多機能」施設の成功の要因として、小学校の隣接地という立地条件を生かし、学童保育を展開するなどの地域密着の働きかけを挙げた。同氏は、介護保険の見直しに先駆けて、小規模多機能施設である「せんだんの杜なかつやま」を設計した実績がある。

 なかつやまは、宮城県桃生町にある東北福祉大学の関連法人が経営する複合サービス施設。デイサービスと9室のグループホームに加え、独自のショートステイ事業を組み合わせて2003年3月から運営している。現在、議論されている小規模多機能のモデル的存在といえる。

 同施設は、小学校に隣接した幼稚園跡地に建設されたもので、設計者の井上氏の考えで、小学校との境界にはフェンスなどを設置せず、行き来を自由にし、遊具の一部もそのまま残すなどの工夫を加えている。さらに独自の予算で建設したショートステイの居室を利用して、学童保育を手がけ、高齢者と地域の児童が自然な形で交流できるよう心がけているという。

 小規模多機能施設を定着させるには、「利用者とその家族だけが訪れる施設にはせず、地域にオープンにする工夫が必要だ」と井上氏は強調する。現在、同じ宮城県仙台市でデイサービスと保育園、高齢者向けアパートを組み合わせた「シンフォニー将監」という民間施設も手がけているが、ここでも地元の画家に施設の壁画の作成を依頼するなど、地域とのつながりを重視した仕掛けを取り入れているという。(MedWave編集部)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161