2005.01.27

【ヘルスケア2005速報】 オフィスチェアで培ったノウハウから誕生したアシストチェア「らくっと-1」

 イトーキクレビオのアシストチェア「らくっと-1」は、関節症や足腰が弱くなった高齢者が介助者の助けなしに立ち座りできることを目標に開発された。価格は20万7900円(税込み)。

 立ち座りは膝と腰に大きな負担がかかるが、「らくっと-1」はスライドアップ機構によってそれを軽減した。座椅子の状態から立ち上がる場合、座面が上昇してから前方に14度傾斜する。これにより、膝や腰に負担をかけることなく、介助者の助けなしに楽に立ち上がれる。

 重さは28kgと軽量で、背もたれを取り外して折りたためば容易に持ち運べる。収納の際にも場所をとらない。ベッドや車イスにも楽に移乗できるように肘かけは跳ね上げ式になっている。

 人間工学に基づいたイスの座り心地、デザインなど、同社がオフィスチェアで培ってきたイスに関する技術の蓄積を生かした介護用の「イス」といえるだろう。(成田龍、フリーライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2