2005.01.27

【ヘルスケア2005速報】 楽しみながら機能回復を目指すリハビリテインメントマシン「太鼓の達人RT〜日本の心〜」

 「太鼓の達人RT〜日本の心〜」は、画面を見ながら、馴れ親しんだ日本の歌に合わせて太鼓を叩き、2人で競いながら演奏するゲーム機。太鼓のリズムと親しみある歌には、そばにいる人たちの気持ちまで高揚させる効果がある。「リハビリテインメントマシン」は「リハビリテーション」と「エンタテインメント」の合成語で、楽しみながらリハビリテーションをしていくという考え方だ。

 同社は「スピリチュアル・ヘルス(魂の健康)」をコンセプトに高齢者事業を展開している。「太鼓の達人RT〜日本の心〜」は、昨年11月、音楽療法士による制作協力のもとに開発された。高齢者に馴染み深い民謡、唱歌、童謡など20曲の中から楽曲を選び、太鼓の打点によって「見習い」から「達人」までのレベルを競う。ある老健施設では、車椅子に座ってゲームをしていた人が、思わずバチを握って立ち上がったというエピソードもあるという。

 1曲2分という時間も無理がなく、楽しみながら、映像の認知→判断、瞬発力、上肢のトレーニングなど、幅広い機能回復やトレーニング効果が得られる。立位だけでなく座位(車椅子も可)でもOK。握力の弱い場合はバチに握力支援ベルトが装備されており、また叩く力の弱い場合は「センサ感度調節」など、障害を持った人でも楽しめる。ゲーム以外にも、カラオケや体操などレクリエーションとしても幅広く活用できるので、施設に1台は欲しい「リハビリテインメント」マシンといえるだろう。価格はオープンプライス。2004年11月に出荷開始しており、全国の約10施設に納入実績がある。(成田龍、フリーライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449