2005.01.27

【ヘルスケア2005速報】 楽しみながら機能回復を目指すリハビリテインメントマシン「太鼓の達人RT〜日本の心〜」

 「太鼓の達人RT〜日本の心〜」は、画面を見ながら、馴れ親しんだ日本の歌に合わせて太鼓を叩き、2人で競いながら演奏するゲーム機。太鼓のリズムと親しみある歌には、そばにいる人たちの気持ちまで高揚させる効果がある。「リハビリテインメントマシン」は「リハビリテーション」と「エンタテインメント」の合成語で、楽しみながらリハビリテーションをしていくという考え方だ。

 同社は「スピリチュアル・ヘルス(魂の健康)」をコンセプトに高齢者事業を展開している。「太鼓の達人RT〜日本の心〜」は、昨年11月、音楽療法士による制作協力のもとに開発された。高齢者に馴染み深い民謡、唱歌、童謡など20曲の中から楽曲を選び、太鼓の打点によって「見習い」から「達人」までのレベルを競う。ある老健施設では、車椅子に座ってゲームをしていた人が、思わずバチを握って立ち上がったというエピソードもあるという。

 1曲2分という時間も無理がなく、楽しみながら、映像の認知→判断、瞬発力、上肢のトレーニングなど、幅広い機能回復やトレーニング効果が得られる。立位だけでなく座位(車椅子も可)でもOK。握力の弱い場合はバチに握力支援ベルトが装備されており、また叩く力の弱い場合は「センサ感度調節」など、障害を持った人でも楽しめる。ゲーム以外にも、カラオケや体操などレクリエーションとしても幅広く活用できるので、施設に1台は欲しい「リハビリテインメント」マシンといえるだろう。価格はオープンプライス。2004年11月に出荷開始しており、全国の約10施設に納入実績がある。(成田龍、フリーライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7