2005.01.27

【ヘルスケア2005速報】 ベネッセスタイルケアの設計ノウハウ詰まった標準仕様書の一端を披露

 全国に89カ所(2005年2月時点)の有料老人ホームを運営するベネッセスタイルケアは、設計ノウハウの集大成といえる膨大な数の設計標準仕様書をストックしている。マル秘扱いになっているこの設計標準仕様書の一部が、ヘルスケア2005併設のセミナー「ヘルスケアフォーラム2005」の有料講演「ベネッセが築いた有料老人ホームの設計基準」で公開された。

 講演したベネッセスタイルケアスペースデザイン室室長の米須正明氏によると、同社の有料老人ホームは、月額負担料別に「まどか」「くらら」「グラニー&グランダ」「アリア」の4タイプあり、設計標準仕様書も別々になっている。設計標準仕様書としては、デザイン指針を示した「空間価値設計書」、性能を規定した「施設設計標準仕様書」、工程と維持管理を一緒にまとめた「施設建設標準仕様書」の3種類を作成し、プロジェクトの進行に応じて使い分けている。

 米須氏は、各仕様書に書かれた基準内容を、少しだけ紹介してくれた。例えば食堂について見ると、まどかは各階に1カ所、ユニットケア型のくららは各階に2カ所、グラニー&グランダとアリアは全館に1カ所と各階にティールームを設けている。グラニー&グランダとアリアの食堂が1カ所となっている理由について米須氏は、「食堂ではなく高級レストランという捉え方とし、介護もユニットケアではなく個別ケアにしているから」と話す。

 また、施設内では、高齢者がドアにはさまれにくいように、マルチドアセンサー付きのエレベーターを標準仕様としていることが披露された。

 「仕様書には、入居者である高齢者の声も盛り込み、随時、見直している」(米須氏)。競争の激しい有料老人ホーム事業のなかで勝ち残るためには、こうした顧客満足度を高める工夫が欠かせない。(荒川尚美、日経ホームビルダー)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5