2005.01.26

【サプリ&機能性食品2005速報】 “食べる健康”から“出す健康”へ 体内を解毒するサプリの臨床データを発表

 「サプリ&機能性食品 2005」会場の一角で、出展各社が次々と研究成果を発表する「オープンシアター」。26日午後の最初に発表したのは、体内に蓄積する有害な重金属などの排出を狙ったサプリメント「BE-MAXデトックス」を開発したメディキューブだ。

 最近、女性誌を中心に「デトックス(体内浄化)」という言葉が話題になっている。これは、体内に侵入した微量の重金属(急性毒性を生じない程度の量)が脂肪組織などに蓄積し、アレルギーや代謝異常を引き起こすという考えに基づき、そういった有害物質を積極的に排出させようというもの。代替医療のキレート療法や腸内洗浄もデトックスの一種だが、最近の注目は、サプリメントを使ったデトックス。

 BE-MAXデトックスは、αリポ酸、ケルセチン、メチオニンといったキレート作用を持つ成分を含む。銀座サンエスペロ大森クリニック院長の大森隆史医師と共同で行った臨床研究で、3カ月の摂取によって尿中の重金属量が低減したデータや、アトピー性皮膚炎などが改善したケースが発表された。また、このサプリメントを使ったダイエット(減量)プログラムも紹介。「体内の脂質代謝酵素が活発になるため、ダイエットが容易になる」と説明した上で、実際の減量データを紹介した。

 機能性食品やサプリメントというと、「○○成分の摂取が△△に効く」という“プラス作用”に目が行きがちだが、今後はこういった、出すことを助ける“マイナス作用”にも注目が集まりそうだ。なお共同研究者の大森氏は、28日10時30分からの対談に登場する。

展示会のホームページはこちらです。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急