2005.01.26

【サプリ&機能性食品2005速報】 PubMedマーク2個のエビデンスパネルにご注目 AHCCとイソフラボンの根拠を示すアミノアップ化学

 出展社の展示ブースのすべてに「エビデンスパネル」が表示され、展示中のサプリメントや機能性食品の健康効果のエビデンス度が示されているのが、本展示会の特徴。

 2成分に「PubMed」マークを示して展示中なのが、アミノアップ化学だ。「PubMed」とは、査読者やレフェリーをきちんと置いた信頼できる医学論文誌を中心として収録した米国の公的な医学論文検索サイトの名称。つまり、「PubMed」マークをつけた出展者は、信頼度の高い論文を報告ずみだということを意味する。

 同社の成分では、AHCC(キノコ類の菌糸体培養抽出物)の使用により、肝細胞ガンの手術切除後の再発率低下や、生存期間の延長などの効果がPubMed収録論文に報告ずみ。また、大豆由来のアグリコン型のイソフラボンが、血管新生を抑制する効果などにより、動物実験レベルで腫瘍抑制効果を持つことも、同じくPubMed収録論文に報告ずみだ。

 薬事法のために、同社販売のAHCC配合品やイソフラボン配合品のガンへの効果の詳細は、通常はあまり目に触れない。ところが、本展示会では、根拠の元となるPubMed収録論文の別冊も展示ブースで見られる。エビデンスにこだわる本展示会ならではだ。


展示会のホームページはこちらです。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:49
  2. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:71
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:295
  5. 高リスク者には抗インフル薬の予防投与を! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《3》 FBシェア数:14
  6. 「アプリで治療革新を」ある内科医の挑戦 リポート◎医師がベンチャー起業を決意するとき FBシェア数:58
  7. 「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に! 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:49
  8. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:136
  9. 病気に人生を壊されないマネジメントが必要だ 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:11
  10. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:47