2005.01.26

【サプリ&機能性食品2005速報】 「医師がサプリや機能性食品を薦めて疾病リスクを減らす時代になった」

 「医師も病気のリスクを減らすためにサプリメントや機能性食品を薦める時代になりつつある。製品には、いっそうのエビデンスが求められる」と、基調講演を切り出したのが京都府立医科大学の吉川敏一教授。生活習慣病の動向、疾病予防のための新指標を探る新技術、抗酸化成分の重要性などについて講演した。

 「今後、重要性が増してくる」と吉川教授が強調したのが、正常な体から疾病に近づく過程(未病期)に体内で起こる変化の指標(バイオマーカー)を見出すこと。

 「現状のトクホは、高めの血圧やコレステロールを下げるなど、効果指標が薬と同じ。疾病の予防的な面は評価されない。疾病にいたる前段階でのリスク増加がわかるバイオマーカーを見出すことが必要」と吉川教授はいう。

 疾病予防に対して、吉川教授がターゲットに置くのは抗酸化成分。すでに、マウスをモデルにした研究で、抗酸化成分のアスタキサンチンによる糖尿病性腎症の予防効果と、バイオマーカーの特定を進めているという。「今年度中にも、腎症のリスク指標になる新バイオマーカーについて情報公開する。いずれは、人工透析など多大な医療費負担の元になる腎症発生を減らすことが可能になる」と結んだ。

展示会のホームページはこちらです。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正