2005.01.20

2004年バイオは1兆7470億円、日本市場のポテンシャル−−日経バイオビジネスの特集

最新号表紙画像 拡大が続くバイオ市場。2004年は1兆7470億円となり、03年から6%増えた。牽引の大きなエンジンは、遺伝子組み換え農産物と抗体医薬。研究開発ターゲットとして狙い目の成長市場はどこか。欧米製品が大きなシェアを占める中で国産品の存在感を上げるためにも、04年を引っ張った製品群を改めてみてみよう。

 日経バイオビジネス2月号では、「2004年バイオは1兆7470億円、日本市場のポテンシャル」について特集しています。このほかの主な内容は以下の通り。

トレンド
 血管新生阻害剤に熱気
 抗体薬を低分子薬が猛追

 Alnylam社、RNAiで高脂血症治療へ
 全身投与の医薬を目指す

 アストラゼネカ、目指すは国内シェア4.5%
 アジアのデータ利用にも注力

 単為生殖技術アポミクシスで育種に革新
 種子産業が手にする両刃の剣

 関与成分不明でもトクホに
 新制度がいよいよスタート

 環境ホルモン対策が再スタート
 化学物質の安全対策に転機

 タカラバイオ、懸案の資金調達に道開けたが
 親会社の子離れが次なる課題に

キーパーソンインタビュー
 タカラバイオ社長・加藤郁之進氏
 今年は日本の遺伝子治療元年、研究用試薬にも目玉あり

 詳しくは、日経バイオビジネス2月号(1月15日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:174
  2. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:39
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:48
  4. 67歳女性。右大腿の単発性赤褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:5
  6. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:80
  7. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:47
  8. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  9. 事業譲渡を迫る厚労省に翻弄される化血研 記者の眼 FBシェア数:0
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:44