2005.01.20

3月1〜8日は「女性の健康週間」、日本産婦人科学会などが幅広い啓蒙活動を実施

 日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会は3月1日から3月8日までを「女性の健康週間」とし、期間中、様々な啓蒙活動を行うことを決めた。主な活動内容は次のとおり。

1.シンボルマークバッジの作成と着用
2.ポスターの作成と産婦人科病医院での掲示
3.女性の生涯健康手帳の作成と配布
4.日本産婦人科学会と日本産婦人科医会のWebページでの紹介
5.市民公開講座の開催
6.三越日本橋本店を会場に、産婦人科専門医による健康セミナーの開催・健康相談の実施
7.産婦人科専門医によるインターネットでの質問の募集・アドバイスの実施
8.新聞、テレビ、雑誌、インターネットなどによる啓発情報の提供

 キャンペーンの目的の一つは、産婦人科に気軽に来院できる環境を作ること。産婦人科医が女性特有の病気やDV(ドメスティックバイオレンス)に関するアドバイスを提供できることを一般の女性に知ってもらいたいとしている。

 女性の健康週間についての詳細や市民公開講座の開催日程などは日本産科婦人科学会のWebサイトに掲載されている。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正