2005.01.20

3月1〜8日は「女性の健康週間」、日本産婦人科学会などが幅広い啓蒙活動を実施

 日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会は3月1日から3月8日までを「女性の健康週間」とし、期間中、様々な啓蒙活動を行うことを決めた。主な活動内容は次のとおり。

1.シンボルマークバッジの作成と着用
2.ポスターの作成と産婦人科病医院での掲示
3.女性の生涯健康手帳の作成と配布
4.日本産婦人科学会と日本産婦人科医会のWebページでの紹介
5.市民公開講座の開催
6.三越日本橋本店を会場に、産婦人科専門医による健康セミナーの開催・健康相談の実施
7.産婦人科専門医によるインターネットでの質問の募集・アドバイスの実施
8.新聞、テレビ、雑誌、インターネットなどによる啓発情報の提供

 キャンペーンの目的の一つは、産婦人科に気軽に来院できる環境を作ること。産婦人科医が女性特有の病気やDV(ドメスティックバイオレンス)に関するアドバイスを提供できることを一般の女性に知ってもらいたいとしている。

 女性の健康週間についての詳細や市民公開講座の開催日程などは日本産科婦人科学会のWebサイトに掲載されている。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172