2005.01.20

3月1〜8日は「女性の健康週間」、日本産婦人科学会などが幅広い啓蒙活動を実施

 日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会は3月1日から3月8日までを「女性の健康週間」とし、期間中、様々な啓蒙活動を行うことを決めた。主な活動内容は次のとおり。

1.シンボルマークバッジの作成と着用
2.ポスターの作成と産婦人科病医院での掲示
3.女性の生涯健康手帳の作成と配布
4.日本産婦人科学会と日本産婦人科医会のWebページでの紹介
5.市民公開講座の開催
6.三越日本橋本店を会場に、産婦人科専門医による健康セミナーの開催・健康相談の実施
7.産婦人科専門医によるインターネットでの質問の募集・アドバイスの実施
8.新聞、テレビ、雑誌、インターネットなどによる啓発情報の提供

 キャンペーンの目的の一つは、産婦人科に気軽に来院できる環境を作ること。産婦人科医が女性特有の病気やDV(ドメスティックバイオレンス)に関するアドバイスを提供できることを一般の女性に知ってもらいたいとしている。

 女性の健康週間についての詳細や市民公開講座の開催日程などは日本産科婦人科学会のWebサイトに掲載されている。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0