2005.01.17

アインがエスアールエルの薬局子会社を買収へ

 調剤薬局最大手のアインファーマシーズは1月17日、臨床検査大手のエスアールエル傘下で薬局を展開している子会社2社を買収すると、東京証券取引所で発表した。買収する2社の売上高合計は約75億円(2004年12月期見込み)。買収によりアインの連結売上高は、573億円(2005年4月期予想)から、2社が連結対象になる2006年4月期には650億円前後に増える見通し。

 アインが買収するのは株式会社リジョイスおよび株式会社リジョイス薬局の2社。開設している薬局数は合計30店舗。買収価格は2社合わせて45億円を予定し、今年3月中旬から4月中旬をめどに親会社のエスアールエルから株式を取得して子会社化する。

 アインが東北・北海道地区を主な地盤とするのに対し、買収する2社は関東甲信越および関西を営業エリアとしており、合併により地域補完のメリットが期待できる。アインは、昨年12月に関連会社だったアインメディカルシステムズの株式を丸紅から買い取って子会社化し、調剤薬局のトップ企業として頭一つ抜け出た。今回の買収で、その地位をより確実なものにするとともに、全国展開に向けてさらに前進したと言えそうだ。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7