2005.01.14

子供の携帯電話使用は親が制限すべき、英国での安全性調査から

 British Medical Journal誌2005年1月15日号のNewsによると、英国放射線保護局(NRPB)は、最新の調査結果を基に、子供に携帯電話の使用を許可することに関して、親はもっと注意を払う必要があると述べた。

 新たな報告は、英国政府が設置した専門家委員会IEGMPが2000年に発表した報告の改訂版と言える。今回も携帯電話が健康を害することを示す決定的な証拠は得られなかったが、NRPB会長のWilliam Stewart氏は、新たな証拠は氏自身の懸念を高めるものだったと認めた。「電磁波の影響が明らかになるまでには、長い時間が必要だ。10年かかることもあり得る」と氏は述べている。

 NRPBは、携帯電話と基地局アンテナからの電磁放射が人体に与える影響に対しての一般の人々の不安を認識している。また、全面的に支持しているわけではないものの、携帯電話の電磁エネルギーに長期にわたって暴露されると認知機能への障害や癌の発生率上昇、DNAの損傷が起こる可能性を示唆した研究が存在することも認めている。

 今回の報告は、被害を受けやすいと考えられる人々、とりわけ幼い子どもに対する配慮を呼びかけている。「重大な責任を負うのは、親たちだ。子供に携帯電話の使用を許可する場合には、人体組織に吸収される電磁波のエネルギー量を示すSAR(比吸収率)がより低い機種を選び、通話よりメールを使うようにさせれば、影響は減らせるだろう」と述べている。ほとんどの携帯電話会社が個々の機種のSAR値を公表している。

 また、英国政府は、英国通信業界の監督機関Ofcomを通じて、基地局の電磁波の測定を行い、人体への影響の評価を進めている。

 原題は「Parents should restrict children's use of mobile phones, report says」、抜粋はこちらで閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1