2005.01.14

花粉症対策の茶飲料、一斉に登場へ 宝酒造、日本コカ・コーラ、サッポロ、キリン、アサヒが発売へ

 スギ花粉が飛散する季節を迎え、花粉症の症状を緩和する成分を含むペットボトル入りの無糖茶飲料の商品化が相次いでいる。カロリーを気にせず、対策成分を補給できるとして、人気を集めそうだ。

 今週火曜日(1月11日)に全国で新発売されたのが、宝酒造「<健寿茶房>甜茶」。花粉症対策素材として有名なバラ科の甜茶(てんちゃ)と凍頂烏龍(とうちょうウーロン)茶、それにクマザサエキスとフキエキスをブレンドした。

 フキエキスはオリザ油化の素材だ(関連トピックス)。

 500mL1本で、原材料由来のポリフェノール300mgを摂取できる。希望小売価格は140円(税別)。

 宝酒造は発売に合わせて、1日2回、花粉飛散情報をメール配信する「ムズムズ天気予報サイト」を開設。商品パッケージに記載のURLにアクセスして会員登録すると、2005年2月1日〜3月31日の2カ月間、花粉情報の配信を受けられる。

 来週月曜日(1月17日)には、日本コカ・コーラ「春のミント習慣」と、サッポロ飲料「サッポロ 処方十茶」が発売になる。

 「春のミント習慣」は、ミントポリフェノールを1本に300mg配合した無糖紅茶飲料。中身は、1年前の2004年1月12日に発売し、04年春ごろまで販売した「春のミント習慣」と同じで、350mL入り160円(税込み)。

 ただし、今回は新たに、日本コカ・コーラが04年5月から展開している事業ブランド「the Wellness FROM Coca-Cola」のシリーズ商品と位置付けた(関連トピックス)。

 「処方十茶」は、メチル化カテキンが豊富な凍頂烏龍のほか、甜茶、シソ葉、グァバ葉、ユーカリは、ルイボスティー、柿の葉、レモンバーム、ネトルリーフ、エルダーフラワーの10種類の素材を用いている。参考小売価格は350mL入り140円(税別)。

 来週の火曜日(1月18日)には、キリンビバレッジが緑茶飲料「キリン 体質茶」を全国発売する。価格は350mL入り168円(税込み)。

 花粉症などのアレルギー症状を緩和する効果が最も高い乳酸菌としてキリンビールの研究グループが選抜した、KW乳酸菌を1本に50mg配合した。

 このKW乳酸菌の配合量は、同社が04年2月17日に発売し、04年秋までに販売終了した「体質水」と同レベル。「体質茶」の販売目標量は通年で100万ケース(小売価格換算で40億円)。04年の「体質水」の販売実績に比べ3倍強を計画している。

 さらにその翌日の水曜日(1月19日)には、アサヒ飲料が緑茶飲料「アサヒ べにふうき緑茶」の販売を開始する。

 「べにふうき」は、花粉症などのアレルギー症状を抑制する効果が高いメチル化カテキンを多く含む茶の品種。アサヒ飲料は、野菜茶業研究所と共同で製品化に向けて研究開発を進めてきた。

 「べにふうき緑茶」の今回の販売は、インターネット限定のテスト販売。アサヒビールグループのアサヒインターネットサービスが運営している「アサヒショップ」にて販売する。価格は350mL入りペットが1本当たり200円(税抜き)だが、今回は24本入りケースを5040円で販売する(税込み、送料込み)。先着3000ケースの限定商品だ。(河田孝雄、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:147
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:199
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:42
  4. 二次予防ならSGLT2阻害薬が第二選択薬に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《7》 FBシェア数:79
  5. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:55
  6. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:29
  7. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. あれ・それがどれ?で論文が台無しです! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:16
  9. アレルギー性鼻炎に世界初の経皮吸収型製剤 最新DIピックアップ FBシェア数:132
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:45
医師と医学研究者におすすめの英文校正