2005.01.13

2万円切る栄養指導支援ソフト、メガソフトが発売

 メガソフトは栄養士や栄養士を目指す学生向けの栄養指導支援ソフト「らくらく栄養相談EX」を1月14日に発売する。生活習慣病予防や食事療法が必要な人の栄養指導やメニュー作りに利用できる。価格は1万8900円と低価格で、個人購入や学校の一括購入を想定している。インターネットから入手できるダウンロード版は1月12日に先行発売した。こちらは1万2600円。通常のパッケージ版以外に学生や教職員用のアカデミーパックを8400円で用意するほか、10ライセンス版11万5500円、20ライセンス版21万円などライセンスの一括販売も実施する(いずれも税込み)。

 五訂食品成分表掲載の約1800種類の食材と約800種類の基本的な料理を登録しており、画面上で料理を選択するだけで食事メニューを入力できる。糖尿病と腎臓病の単位表にも対応しており、これらの病気で食事制限をしている人を対象としたメニュー作りが容易になった。料理に使っている食材の増減にも対応しており、「肉の量を減らしたビーフカレー」といったメニューにも対応可能だ。

 メガソフトのプレスリリースはこちら、製品の詳細については夢工房のホームページで閲覧できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48