2005.01.12

これがイケてる面薬局、マンツーマン分業からこうやって脱皮−−日経DIの特集

最新号表紙画像 開局時は近くにある一つの診療所から出る処方せんばかりを受けていたが、年月をかけて、医薬分業の本来の姿である面分業を実現した薬局がある。それが『日経DI』が考える「イケてる面薬局」。彼らはどこにでもありそうなマンツーマン型の薬局から、どうやって“イケ面”に変身したのか。

 日経ドラッグインフォメーション1月号の特集は、「これがイケてる面薬局、マンツーマン分業からこうやって脱皮」です。このほかの主な内容は下記の通り。

リポート 
 始まったコンビニの“薬”販売。予想通り売り上げ低調も、かぜ薬解禁を視野に展開

 2004年7月、OTC薬のうち371品目が医薬部外品に移行し、ローソンやセブン-イレブンといった大手コンビニでは医薬部外品の販売に力を入れ始めている。今のところ売り上げは低調だが、当面の狙いは、さらなる規制緩和に備え、“コンビニには薬がある”という消費者の認識を高めることだ。一方、製薬企業側は、新たな販路が加わり、同じ商品でもコンビニ向けと薬局・薬店向けで用量を変えるなどの対応を取るものの、あくまで薬局・薬店での販売が軸だと考えている。

 日経DIテスト総評・正解と解説。読者2487人がチャレンジ、平均点は50点

 インターネット上で昨年12月10日から21日まで実施した「日経DIテスト」に、2487人の読者の方々に参加いただきました。平均点は50点ちょうどで、編集部から「Certificate」が発行される基準ラインに達した人はわずかに198人。問題が少し難しすぎたようですが、果敢にチャレンジしてくれた皆さん、ありがとうございました。

DIクイズ:服薬指導−1
 抗ヒスタミン剤による眠気を心配する花粉症患者

DIクイズ:服薬指導−2
 抗リウマチ剤が処方された乾癬患者

DIクイズ:処方せんを読む
 高尿酸血症治療薬が変更された理由

 詳しくは、日経ドラッグインフォメーション1月号(1月10日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051