2005.01.12

これがイケてる面薬局、マンツーマン分業からこうやって脱皮−−日経DIの特集

最新号表紙画像 開局時は近くにある一つの診療所から出る処方せんばかりを受けていたが、年月をかけて、医薬分業の本来の姿である面分業を実現した薬局がある。それが『日経DI』が考える「イケてる面薬局」。彼らはどこにでもありそうなマンツーマン型の薬局から、どうやって“イケ面”に変身したのか。

 日経ドラッグインフォメーション1月号の特集は、「これがイケてる面薬局、マンツーマン分業からこうやって脱皮」です。このほかの主な内容は下記の通り。

リポート 
 始まったコンビニの“薬”販売。予想通り売り上げ低調も、かぜ薬解禁を視野に展開

 2004年7月、OTC薬のうち371品目が医薬部外品に移行し、ローソンやセブン-イレブンといった大手コンビニでは医薬部外品の販売に力を入れ始めている。今のところ売り上げは低調だが、当面の狙いは、さらなる規制緩和に備え、“コンビニには薬がある”という消費者の認識を高めることだ。一方、製薬企業側は、新たな販路が加わり、同じ商品でもコンビニ向けと薬局・薬店向けで用量を変えるなどの対応を取るものの、あくまで薬局・薬店での販売が軸だと考えている。

 日経DIテスト総評・正解と解説。読者2487人がチャレンジ、平均点は50点

 インターネット上で昨年12月10日から21日まで実施した「日経DIテスト」に、2487人の読者の方々に参加いただきました。平均点は50点ちょうどで、編集部から「Certificate」が発行される基準ラインに達した人はわずかに198人。問題が少し難しすぎたようですが、果敢にチャレンジしてくれた皆さん、ありがとうございました。

DIクイズ:服薬指導−1
 抗ヒスタミン剤による眠気を心配する花粉症患者

DIクイズ:服薬指導−2
 抗リウマチ剤が処方された乾癬患者

DIクイズ:処方せんを読む
 高尿酸血症治療薬が変更された理由

 詳しくは、日経ドラッグインフォメーション1月号(1月10日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95