2005.01.12

セントケアが認知症のスクリーニングシステムを導入へ、介護予防で他社との差別化目指す

 セントケアは1月11日、今年10月をめどに同社の通所介護事業所やグループホームなどに認知症(痴呆症)のスクリーニングシステムを導入すると発表した。スクリーニングシステムは米Medical Care社が開発したもので、セントケアはシステムの導入にあたってMedical Care社とライセンス契約を締結した。認知症の早期発見に注力することにより、2006年4月の介護保険制度改正で創設予定の介護予防サービスにおいて他社との差別化を目指す考えだ。

 同システムは、1.認知症予防プログラム(高齢者個々の認知症リスクを特定し、個人に合った予防法を作成)、2.記憶スクリーニングテスト(記憶障害を判定)、3.認知症進行モニター(認知障害を定期的にモニター)、4.機能度判定ツール(認知症の度合いを16段階で判定)──などのプログラムからなる。利用者が特定のホームページにアクセスし、プログラムごとに設定された質問項目などに回答して利用する形態となっている。

 セントケアは、通所介護では早期発見による介護予防を、グループホームでは正確なアセスメントを行う目的でこのシステムを採用する。現時点で2006年4月にスタート予定の介護予防サービスのメニューとして挙げられているのは、筋力トレーニングと栄養改善プログラムのみで、認知症ケアは含まれていない。しかし同社は、認知症ケアが今後メニューに加えられることを想定し、今回のシステム導入に踏み切った。このほか、訪問介護や訪問看護の利用者が自宅でシステムを利用できるようにし、各サービスの付加価値向上を狙う。

 同社は、他の介護サービス事業者などへのシステムの販売も手がける予定。現在、Medical Care社が同システムの日本語版作成に着手しており、近く、システム利用料や販売価格を決める予定だ。

 なお、この発表を受けてセントケアの株価は急上昇し、前日の終値よりも2万6000円(10.5%増)高い27万4000円で取り引きを終了した。(豊川琢、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27