2005.01.12

セントケアが認知症のスクリーニングシステムを導入へ、介護予防で他社との差別化目指す

 セントケアは1月11日、今年10月をめどに同社の通所介護事業所やグループホームなどに認知症(痴呆症)のスクリーニングシステムを導入すると発表した。スクリーニングシステムは米Medical Care社が開発したもので、セントケアはシステムの導入にあたってMedical Care社とライセンス契約を締結した。認知症の早期発見に注力することにより、2006年4月の介護保険制度改正で創設予定の介護予防サービスにおいて他社との差別化を目指す考えだ。

 同システムは、1.認知症予防プログラム(高齢者個々の認知症リスクを特定し、個人に合った予防法を作成)、2.記憶スクリーニングテスト(記憶障害を判定)、3.認知症進行モニター(認知障害を定期的にモニター)、4.機能度判定ツール(認知症の度合いを16段階で判定)──などのプログラムからなる。利用者が特定のホームページにアクセスし、プログラムごとに設定された質問項目などに回答して利用する形態となっている。

 セントケアは、通所介護では早期発見による介護予防を、グループホームでは正確なアセスメントを行う目的でこのシステムを採用する。現時点で2006年4月にスタート予定の介護予防サービスのメニューとして挙げられているのは、筋力トレーニングと栄養改善プログラムのみで、認知症ケアは含まれていない。しかし同社は、認知症ケアが今後メニューに加えられることを想定し、今回のシステム導入に踏み切った。このほか、訪問介護や訪問看護の利用者が自宅でシステムを利用できるようにし、各サービスの付加価値向上を狙う。

 同社は、他の介護サービス事業者などへのシステムの販売も手がける予定。現在、Medical Care社が同システムの日本語版作成に着手しており、近く、システム利用料や販売価格を決める予定だ。

 なお、この発表を受けてセントケアの株価は急上昇し、前日の終値よりも2万6000円(10.5%増)高い27万4000円で取り引きを終了した。(豊川琢、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55