2005.01.06

東京都、都立病院幹部を対象にJALによる安全管理研修を実施

 東京都病院経営本部は、院長、副院長、事務局長などの都立病院幹部を対象として、1月12日に「日本航空マネジメント研修」を実施する。安全性と快適性を高度に両立させている航空会社の安全管理ノウハウを実践的に学び、病院経営に取り入れるのが狙い。都立病院改革の一環として位置付けている。

 研修では東京・品川のJALビルに2004年4月に設立された最新のオペレーションコントロールセンターを見学する。時々刻々変化する状況下で大きな裁量権を持って乗客の生命を守る旅客機機長の職務は医療従事者と共通する部分があり、それを組織的に運営している航空会社の管理手法を習得するのを目的にしている。

 東京都のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22