2004.12.27

FDAが初のDNAチップを使った臨床検査を承認、患者の遺伝子情報を活用し適切な薬を選択

 米国食品医薬品局(FDA)は12月23日、DNA(デオキシリボ核酸)チップを使った初の臨床検査を承認した。患者の遺伝子情報を調べることで、より適切な治療薬やその投与量について判断することができるという。同検査の結果は、心臓病や精神病、癌の治療薬など、一般的に使われている治療薬に対して活用できるという。

 同検査では、患者の血液を採取し、ある種の薬の代謝に関連するシトクロムP450遺伝子のうち、P4502D6について分析を行う。この遺伝子情報を活用することで、有害な薬の相互作用を予防したり、その人に最適な治療薬の選択を確認することができるという。

 この検査の名前は「AmpliChip Cytochrome P450 Genotyping Test」で、製造元はRoche Molecular Systems社(カリフォルニア州Pleasanton)。詳しくは、FDAのニュース・リリースhttp: //www.fda.gov/bbs/topics/news/2004/new01149.html]まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43