2004.12.27

FDAが初のDNAチップを使った臨床検査を承認、患者の遺伝子情報を活用し適切な薬を選択

 米国食品医薬品局(FDA)は12月23日、DNA(デオキシリボ核酸)チップを使った初の臨床検査を承認した。患者の遺伝子情報を調べることで、より適切な治療薬やその投与量について判断することができるという。同検査の結果は、心臓病や精神病、癌の治療薬など、一般的に使われている治療薬に対して活用できるという。

 同検査では、患者の血液を採取し、ある種の薬の代謝に関連するシトクロムP450遺伝子のうち、P4502D6について分析を行う。この遺伝子情報を活用することで、有害な薬の相互作用を予防したり、その人に最適な治療薬の選択を確認することができるという。

 この検査の名前は「AmpliChip Cytochrome P450 Genotyping Test」で、製造元はRoche Molecular Systems社(カリフォルニア州Pleasanton)。詳しくは、FDAのニュース・リリースhttp: //www.fda.gov/bbs/topics/news/2004/new01149.html]まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55