2004.12.27

FDAが初のDNAチップを使った臨床検査を承認、患者の遺伝子情報を活用し適切な薬を選択

 米国食品医薬品局(FDA)は12月23日、DNA(デオキシリボ核酸)チップを使った初の臨床検査を承認した。患者の遺伝子情報を調べることで、より適切な治療薬やその投与量について判断することができるという。同検査の結果は、心臓病や精神病、癌の治療薬など、一般的に使われている治療薬に対して活用できるという。

 同検査では、患者の血液を採取し、ある種の薬の代謝に関連するシトクロムP450遺伝子のうち、P4502D6について分析を行う。この遺伝子情報を活用することで、有害な薬の相互作用を予防したり、その人に最適な治療薬の選択を確認することができるという。

 この検査の名前は「AmpliChip Cytochrome P450 Genotyping Test」で、製造元はRoche Molecular Systems社(カリフォルニア州Pleasanton)。詳しくは、FDAのニュース・リリースhttp: //www.fda.gov/bbs/topics/news/2004/new01149.html]まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1