2004.12.27

クロミフェンの胎内暴露は尿道下裂のリスクにならない、ケース・コントロール研究から

 クロミフェンは、日本でも排卵誘発剤の第一選択薬として用いられている。が、この薬剤が、合成卵胞ホルモン剤であるジエチルスチルベストロール(DES)の派生物で、構造が類似していることから、副作用に対する懸念は一部に根強い。今回、デンマークの研究者らは、クロミフェンの胎内暴露が男児の尿道下裂リスクを高めるかどうかを調べるケースコントロール研究を行い、胸をなで下ろす結果を得たとBritish Medical Journal誌電子版に、12月21日に報告した。

 「DESの悲劇」の被害者は、流産予防のためにこれを投与された母親から生まれた女児たちだった。DESの体内被曝は、思春期を迎えた女児の膣および子宮頚部に明細胞腺ガンを生じさせた。男児への影響は女児ほど深刻ではなかったが、精巣ガン、尿生殖器奇形などの報告がある。特に近年、DES暴露男児で尿道下裂のリスク上昇が報告されていることに研究者らは注目した。クロミフェンの半減期は約5日だが、便からは投与後6週間経っても検出される。従って、尿道下裂の発生率が高まる可能性はあると考えたのだ。

 研究者たちは、デンマークの一部地域で1989年から2002年までに生まれた男児6万5383人の中から、尿道下裂患者で、母親に処方された薬剤の記録が完全に残っている319人を選び出した。対照群として尿道下裂ではない、処方記録のある男児を選んだ。分析の結果、クロミフェンに関連する尿道下裂の調整後オッズ比は0.48となった。クロミフェンの使用時期および期間を制限してもこのリスクに差はなかった。

 薬剤の副作用については、このところ国内外で問題が続出している。対策の一つとして市販後調査の徹底は重要だが、DESのようにその実態が明らかになるまで10年以上かかる薬剤の場合、悲劇を生みやすい。体内暴露が問題になる可能性がある薬剤の場合、投与の有無を子供の健康情報の中に記録する必要があるのではないか。原題は「Use of clomifene during early pregnancy and risk of hypospadias:population based case-control study」、全文がこちら(PDFファイル)で閲覧できる。
(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176