2004.12.27

FDAが滲出型加齢性黄斑変性の新たな治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は12月20日、滲出型加齢性黄斑変性の新たな治療薬として、VEGF (血管内皮増殖因子)拮抗薬のMacugen(成分名:pegaptanibナトリウム)を承認した。FDAによるとMacugenは、滲出型加齢性黄斑変性の生物学的要因をターゲットにした、初めての治療薬だという。

 Macugenの治験では、滲出型加齢性黄斑変性の患者を2年間追跡した結果、Macugen治療群で失明率が有意に低下したとしている。

 なおMacugenの承認は、申請から6カ月という短期間で行われた。Macugenの販売は、Pfizer社(ニューヨーク)と Eyetech Pharmaceuticals社(ニューヨーク)が共同で行うという。詳しくは、FDAのニュース・リリースhttp: //www.fda.gov/bbs/topics/news/2004/new01146.html]まで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:346
  3. 10歳男児。咽頭違和感、全身掻痒感、呼吸困難 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  4. 流行ウイルスはAH3? それともAH1pdm09… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:163
  5. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  6. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  7. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:200
  8. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  9. 免許更新時、認知症の診断ができないケースとは プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:16
  10. 抗菌薬の適正使用が最も進んでいる診療科は? 医師1000人に聞きました FBシェア数:57