2004.12.27

FDAが滲出型加齢性黄斑変性の新たな治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は12月20日、滲出型加齢性黄斑変性の新たな治療薬として、VEGF (血管内皮増殖因子)拮抗薬のMacugen(成分名:pegaptanibナトリウム)を承認した。FDAによるとMacugenは、滲出型加齢性黄斑変性の生物学的要因をターゲットにした、初めての治療薬だという。

 Macugenの治験では、滲出型加齢性黄斑変性の患者を2年間追跡した結果、Macugen治療群で失明率が有意に低下したとしている。

 なおMacugenの承認は、申請から6カ月という短期間で行われた。Macugenの販売は、Pfizer社(ニューヨーク)と Eyetech Pharmaceuticals社(ニューヨーク)が共同で行うという。詳しくは、FDAのニュース・リリースhttp: //www.fda.gov/bbs/topics/news/2004/new01146.html]まで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051