2004.12.27

2005年度厚生労働省予算が固まる、介護保険制度改正に向けた基盤整備が目玉

 政府は2004年12月24日、2005年度の予算案を閣議決定した。厚生労働省の予算は、前年度比3.1%増の20兆8178億円となった。なかでも目玉になるのが、2006年度に実施予定の介護保険制度改正に向けた基盤整備の項目だ。

 まず目につくのが「介護サービスの提供体制の整備」(1066億円)。高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けられるように、市町村を通じて小規模・多機能サービス拠点やグループホームなどを整備する。整備を進めるため、地方自治体が独自の裁量で使える「地域介護・福祉空間整備等交付金」を創設した。

 また、「介護サービスの質の向上」(15億円)では、「介護サービスの情報開示の推進」のためにシステムを構築するほか、ケアマネジメントの質の向上を目指してケアマネジャーの研修などを行う。

 制度改正関連ではこのほか、予防重視型システムへの転換を図る狙いから「『介護予防10カ年戦略』による効果的な介護予防対策の推進」(698億円)が計上された。このうち「家庭や地域で行う介護予防対策」(225億円)では、介護予防サービス拠点を全国に3000カ所整備するため、既存の通所介護事業所や老人福祉センターの改修を支援する。「効果的な介護予防プログラムの開発・普及」(171億円)では、「介護予防研究・研修センター」を設立し、科学的根拠に基づくプログラムの開発とその指導・普及を担う専門職員の養成を目指す。また、「地域で支える『痴呆ケア』」(11億円)では、地域における痴呆サポート体制を整備し、痴呆ケアの専門職員を養成する。(村松謙一、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7