2004.12.27

2005年度厚生労働省予算が固まる、介護保険制度改正に向けた基盤整備が目玉

 政府は2004年12月24日、2005年度の予算案を閣議決定した。厚生労働省の予算は、前年度比3.1%増の20兆8178億円となった。なかでも目玉になるのが、2006年度に実施予定の介護保険制度改正に向けた基盤整備の項目だ。

 まず目につくのが「介護サービスの提供体制の整備」(1066億円)。高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けられるように、市町村を通じて小規模・多機能サービス拠点やグループホームなどを整備する。整備を進めるため、地方自治体が独自の裁量で使える「地域介護・福祉空間整備等交付金」を創設した。

 また、「介護サービスの質の向上」(15億円)では、「介護サービスの情報開示の推進」のためにシステムを構築するほか、ケアマネジメントの質の向上を目指してケアマネジャーの研修などを行う。

 制度改正関連ではこのほか、予防重視型システムへの転換を図る狙いから「『介護予防10カ年戦略』による効果的な介護予防対策の推進」(698億円)が計上された。このうち「家庭や地域で行う介護予防対策」(225億円)では、介護予防サービス拠点を全国に3000カ所整備するため、既存の通所介護事業所や老人福祉センターの改修を支援する。「効果的な介護予防プログラムの開発・普及」(171億円)では、「介護予防研究・研修センター」を設立し、科学的根拠に基づくプログラムの開発とその指導・普及を担う専門職員の養成を目指す。また、「地域で支える『痴呆ケア』」(11億円)では、地域における痴呆サポート体制を整備し、痴呆ケアの専門職員を養成する。(村松謙一、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) FBシェア数:748
  2. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:83
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  4. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:44
  5. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:41
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:190
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:76
  8. 田辺三菱、アステラスが長期収載品から撤退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:132
  9. 応召義務 カデット特集●医師と法律 FBシェア数:0
  10. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:18