2004.12.21

【インフルエンザ速報】 宮城県と岐阜県で今シーズン初のインフルエンザ注意報:インフルエンザ流行レベルマップ第50週分から

 宮城県と岐阜県で今シーズン初のインフルエンザ注意報が発せられた。国立感染症研究所の感染症情報センターが12月21日に発表したインフルエンザ流行レベルマップ第50週(2004年12月6日〜12月12日)分によると、宮城県石巻市の石巻保健所と岐阜県美濃市の関保健所の各管轄地域で、インフルエンザ様疾患の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)が注意報レベルを超えた。2004-2005年シーズンでは全国で初めての注意報となる。

 全国平均の定点当たり報告数は0.242と少なく、感染症情報センターでは「依然として散発にとどまっている」としている。

 警報は大きな流行の発生・継続が疑われることを示すもので、インフルエンザの定点当たり報告数(医療機関当たりの患者数)が30を超えると発せられ、その後10以上だと警報を維持する。注意報は10を超えると発せられ、流行の発生前であれば、今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性があるということ、流行中であれば流行が継続している(終息していない)可能性が疑われることを意味する。

 感染症情報センターのインフルエンザ流行レベルマップ2004年第50週分はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127