2004.12.21

【インフルエンザ速報】 宮城県と岐阜県で今シーズン初のインフルエンザ注意報:インフルエンザ流行レベルマップ第50週分から

 宮城県と岐阜県で今シーズン初のインフルエンザ注意報が発せられた。国立感染症研究所の感染症情報センターが12月21日に発表したインフルエンザ流行レベルマップ第50週(2004年12月6日〜12月12日)分によると、宮城県石巻市の石巻保健所と岐阜県美濃市の関保健所の各管轄地域で、インフルエンザ様疾患の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)が注意報レベルを超えた。2004-2005年シーズンでは全国で初めての注意報となる。

 全国平均の定点当たり報告数は0.242と少なく、感染症情報センターでは「依然として散発にとどまっている」としている。

 警報は大きな流行の発生・継続が疑われることを示すもので、インフルエンザの定点当たり報告数(医療機関当たりの患者数)が30を超えると発せられ、その後10以上だと警報を維持する。注意報は10を超えると発せられ、流行の発生前であれば、今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性があるということ、流行中であれば流行が継続している(終息していない)可能性が疑われることを意味する。

 感染症情報センターのインフルエンザ流行レベルマップ2004年第50週分はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
  2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
  3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
  4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
  5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
  7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
  9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11