2004.12.16

1型糖尿病の発症率増加は遺伝より環境が原因の可能性、約700人の研究結果

 世界中の1型糖尿病の発症率は、ここ半世紀で増加してきているが、その原因は遺伝子よりも環境因子にあるとする仮説を指示する研究結果が出た。これは、英国Bristol大学のKathleen Gillespie氏らの研究グループが、約50年前に診断を受けた1型糖尿病患者と、近年診断を受けた患者、合わせて約700人について、1型糖尿病の発症リスクに関与するHLA(ヒト白血球抗原)ハプロタイプについて調べ明らかにしたもの。この研究結果は、Lancet誌11月6日号で発表された。

 これまでの研究結果から、1型糖尿病の発症と、特異的HLA-D表現型の間には、強い相関関係があることが分かっている。Gillespie氏らは今回、現在50歳以上で1922〜46年の間に1型糖尿病の診断を受けた患者194人と、1985〜2002年に同診断を受けた582人について、特異的HLA-D表現型を持つ割合を調べた。

 その結果、1型糖尿病の危険因子として知られているHLA遺伝子型DR3-DQ2/DR4-DQ8が見つかったのは、約50年前に診断を受けた群では47%だったのに対し、最近診断を受けた群では35%に減っていた(p=0.003)。さらに5歳未満で診断を受けた人について見てみると、HLA遺伝子型DR3-DQ2とDR4-DQ8は、約50年前に診断を受けた群では63%だったが、最近診断を受けた群では42%に留まった(p=0.03)。

 こうした結果から同グループは、ここ半世紀の1型糖尿病発症率の上昇は、遺伝的要因ではなく、環境要因によるものであるという仮説が指示されたと結論付けた。

 詳しくは、Lancet誌(11月6日号)まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0