2004.12.16

1型糖尿病の発症率増加は遺伝より環境が原因の可能性、約700人の研究結果

 世界中の1型糖尿病の発症率は、ここ半世紀で増加してきているが、その原因は遺伝子よりも環境因子にあるとする仮説を指示する研究結果が出た。これは、英国Bristol大学のKathleen Gillespie氏らの研究グループが、約50年前に診断を受けた1型糖尿病患者と、近年診断を受けた患者、合わせて約700人について、1型糖尿病の発症リスクに関与するHLA(ヒト白血球抗原)ハプロタイプについて調べ明らかにしたもの。この研究結果は、Lancet誌11月6日号で発表された。

 これまでの研究結果から、1型糖尿病の発症と、特異的HLA-D表現型の間には、強い相関関係があることが分かっている。Gillespie氏らは今回、現在50歳以上で1922〜46年の間に1型糖尿病の診断を受けた患者194人と、1985〜2002年に同診断を受けた582人について、特異的HLA-D表現型を持つ割合を調べた。

 その結果、1型糖尿病の危険因子として知られているHLA遺伝子型DR3-DQ2/DR4-DQ8が見つかったのは、約50年前に診断を受けた群では47%だったのに対し、最近診断を受けた群では35%に減っていた(p=0.003)。さらに5歳未満で診断を受けた人について見てみると、HLA遺伝子型DR3-DQ2とDR4-DQ8は、約50年前に診断を受けた群では63%だったが、最近診断を受けた群では42%に留まった(p=0.03)。

 こうした結果から同グループは、ここ半世紀の1型糖尿病発症率の上昇は、遺伝的要因ではなく、環境要因によるものであるという仮説が指示されたと結論付けた。

 詳しくは、Lancet誌(11月6日号)まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正