2004.12.16

FDAが選択的COX2阻害薬のBextraについて、CABG後患者への使用禁忌を含む注意書きを追加

 米国食品医薬品局(FDA)は12月9日、選択的COX2阻害薬のBextra(成分名:valdecoxib)について、冠動脈バイパス術(CABG)後の使用は禁忌であるとする、薬の注意書き表示を追加した。また、Bextraを服用した人で、スティーブンズ‐ジョンソン症候群を含む重篤な皮膚への副作用が報告されている点や、サルファ薬にアレルギーのある人はこうした皮膚への副作用リスクが増大する可能性がある点も、新たに明記した。Bextraは、米国では骨関節症や関節リウマチ、月経困難症の治療薬として承認されている。

 Bextraの販売元であるPfizer 社は、11月5日、FDAに対し1500人を対象に行った研究結果を提出した。同研究結果によると、CABG 後にBextraを投与した群で、心血管疾患イベントの発症率の増加が見られたという。同発症率は、プラセボ群では約0.5%だったのに対し、Bextra静脈投与群では約2%、Bextra経口投与群では約1%だった。なお心血管疾患イベントには、心筋梗塞、脳卒中、深在静脈血栓症、肺動脈梗塞症などが含まれる。

 一方、Bextra服用による皮膚への重篤な副作用としては、11月の時点で、FDAは87例の報告を受けているという。そのうち36人が入院、4人が死亡している。また、87人中20人が、サルファ薬に対するアレルギーがあったという。

 詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:49
  2. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:71
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:295
  5. 高リスク者には抗インフル薬の予防投与を! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《3》 FBシェア数:14
  6. 「アプリで治療革新を」ある内科医の挑戦 リポート◎医師がベンチャー起業を決意するとき FBシェア数:58
  7. 「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に! 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:49
  8. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:136
  9. 病気に人生を壊されないマネジメントが必要だ 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:11
  10. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:47