2004.12.16

日本のお家芸を変える、バイオで磨く発酵の妙技−−日経バイオビジネスの特集

最新号表紙画像 発酵でのものづくりは日本のお家芸。だが、近年、その地位も脅かされている。アジア諸国からの値下げ攻勢は強まる一方だ。対する日本は伝統とバイオを融合して対抗する。新しい微生物活用法、生産効率の劇的な向上…。微生物を知り尽くした日本だからこそ、新時代のものづくりを切り開いていける。

 日経バイオビジネス1月号では、「日本のお家芸を変える、バイオで磨く発酵の妙技」について特集しています。このほかの主な内容は以下の通り。

特集
 ヒット連発!、スイッチ健康食品

 コエンザイムQ10、L-カルニチンなどがドラッグストアやコンビニの店先を席巻中。これらは医薬品から食品に転用されたもので、いわば「スイッチ健康食品」だ。セルフメディケーションへの流れの中、医薬品成分の食品利用が進んでいる。先駆的な素材が規制の枠を突破してスイッチされたことから、医薬品成分リストは、健康食品の次の人気素材が埋まる宝の山に変わった。

特別リポート
 ファーマコジェネティクス本格化するGSK
 国内でもDNA試料を保存

 Schering社の研究所が活動を開始
 幹細胞研究は神戸を拠点に

 バイオメトリクス認証の時代到来
 静脈認証技術の挑戦

インタビュー
 エスアールエル社長・田澤裕光氏、富士レビオ社長・鈴木博正氏
 垂直統合で検査ビジネス拡大、研究開発強化などに期待

 詳しくは、日経バイオビジネス1月号(12月15日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1