2004.12.15

A2受容体拮抗薬(ARB)を選択する医師が循環器内科医を中心に増加

 MedWaveが実施した降圧薬処方動向調査で、高血圧治療における第1選択薬にA2受容体拮抗薬(ARB)を選択する医師が、循環器内科医を中心に増加していることが分かった。

 一方、ACE阻害薬はいずれの医師グループにおいても、選択される割合が逓減していた。

 調査では、系統別に第1選択を尋ねたが、循環器内科医(n=96)の44.8%がARBを挙げた。この比率は調査を行うごとに増加していた(2002年が32.4%、2003年が41.2%、2004年が44.8%)。また、Ca拮抗薬も増加傾向を維持(2003年が34.0%、2004年が37.5%)。その一方で、ACE阻害薬の比率は大幅に低下した(2003年が22.7%、2004年が13.5%)。

 その他の内科医グループ(n=217)では、Ca拮抗薬が約半数(48.8%)を占めたが、前回の51.9%から減少した。ARBは37.3%で、前回調査と比較して5.9ポイント増だった。

 その他の診療科医師(n=107)でもCa拮抗薬が約半数(44.9%)を占めた。一方で、ARBは前回の26.9%から29.9%に増えていた。

 今回の調査では、MedWaveの会員医師420人に協力していただいた(実施期間は2004年10月5日から11月7日)。(三和護)

■ 参考トピックス ■
◆ 2004.12.7 MedWave降圧薬処方動向調査、循環器内科医の半数近くが「この1年で第一選択薬が変わった」と回答

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54