2004.12.13

社保審・介護保険部会が被保険者・受給者の範囲拡大を先送りする意見書案、今後の実施時期については玉虫色の表現に

 厚生労働省の社会保障審議会・介護保険部会は12月10日、介護保険制度の被保険者・受給者の範囲拡大の結論を先送りする意見書案をまとめ、今年9月から行ってきた議論を終了した。同部会では、2006年4月の介護保険法改正に伴い、介護保険料の徴収対象を現行の「40歳以上」から引き下げるとともに、介護保険と障害者支援費制度を一本化して給付対象に若年障害者を加える改正案について検討を重ねてきた。

 意見書案では、被保険者・受給者の範囲拡大により「現行制度の普遍化」を目指すべきとする賛成意見が多数だったことに触れる一方で、導入後1年しか経っていない障害者支援費制度の検証を優先すべきとする反対意見も併記。事実上、被保険者・受給者の範囲拡大に関する結論を見送った。また、今後、範囲拡大の結論を出す時期については、政府が現在検討している社会保障制度全般の一体的見直しの進ちょく状況を踏まえ、「円滑な制度改革を図ることが重要」とするにとどめ、明確な時期を示さなかった。

 これに対して、改正案を支持してきた介護関連業界などの委員は「明確な実施時期を盛り込むべきだ」と不満を表明。一方で、反対派の経済界などの委員は、早期に結論を出すことを示唆される「円滑な制度改革を図ることが重要」という文言を削除することを求め、最後まで意見が対立した。最終的にこれらの要望を意見書にどのように反映するかは、部会長の貝塚啓明氏(中央大学法学部教授)に一任された。厚労省は、この意見書がまとまり次第、与党との調整を開始し、年明けから始まる通常国会に介護保険改革法案を提出する予定だ。
(豊川琢、日経ヘルスケア21
 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239