2004.12.13

乳癌診断、MRIはマンモグラフィーより有効だが生検無しとするには不十分

 日本ではやっと、自治体の乳癌検診に視触診とマンモグラフィーの併用が導入され始めたところだ。一方米国では、40代女性を対象とするマンモグラフィーに死亡率減少効果なしとする研究結果が発表されて以来、議論が続いている。その代替として、欧米ではMRI検査が広く実施されるようになった。MRIで乳癌が見つかった患者の27-37%は、マンモグラフィーでは検出できなかったという報告もある。British Medical Journal誌12月11日号のNewは、乳癌診断におけるMRIの精度を調べたJAMA誌最新号の論文を紹介している。

 これによると、国際乳房MRIコンソーシアムの研究者たちは、米国と欧州の14の医療機関で、マンモグラフィーまたは臨床所見により乳癌が疑われ、生検を受けることになった女性821人を対象に、MRI検査の制度を評価し、JAMA誌(2004;292:2735-2742)に報告した。患者たちは、生検前に高解像度の三次元MRI検査を受けた。その結果、乳癌が疑われた患者にはダイナミックMRIも行われた。

 MRIは、非浸潤性乳管癌と浸潤性乳癌の患者404人のうち356人を検出できた。感度は84.6%、特異性は67.7%だった。その能力は、マンモグラフィーで見られる乳房のdensity、癌の組織学的性質、閉経前か後かに影響されなかった。MRIの陽性的中率はマンモグラフィーに比べ有意に高かった(72.4%と52.8%)。しかし陰性的中率が85.4%だったことから、MRIは、生検を不要にできるレベルの効果は持たないことが示唆された。

 BMJ誌の報告の原題は「MRI does not reduce biopsies in diagnosing breast
cancer」、 全文がこちら(PDFファイル)で閲覧
できる。また、JAMA誌の論文の原題は「Magnetic Resonance Imaging of the
Breast Prior to Biopsy」、要約はこちらで読むことができる。 
(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256