2004.12.13

乳癌診断、MRIはマンモグラフィーより有効だが生検無しとするには不十分

 日本ではやっと、自治体の乳癌検診に視触診とマンモグラフィーの併用が導入され始めたところだ。一方米国では、40代女性を対象とするマンモグラフィーに死亡率減少効果なしとする研究結果が発表されて以来、議論が続いている。その代替として、欧米ではMRI検査が広く実施されるようになった。MRIで乳癌が見つかった患者の27-37%は、マンモグラフィーでは検出できなかったという報告もある。British Medical Journal誌12月11日号のNewは、乳癌診断におけるMRIの精度を調べたJAMA誌最新号の論文を紹介している。

 これによると、国際乳房MRIコンソーシアムの研究者たちは、米国と欧州の14の医療機関で、マンモグラフィーまたは臨床所見により乳癌が疑われ、生検を受けることになった女性821人を対象に、MRI検査の制度を評価し、JAMA誌(2004;292:2735-2742)に報告した。患者たちは、生検前に高解像度の三次元MRI検査を受けた。その結果、乳癌が疑われた患者にはダイナミックMRIも行われた。

 MRIは、非浸潤性乳管癌と浸潤性乳癌の患者404人のうち356人を検出できた。感度は84.6%、特異性は67.7%だった。その能力は、マンモグラフィーで見られる乳房のdensity、癌の組織学的性質、閉経前か後かに影響されなかった。MRIの陽性的中率はマンモグラフィーに比べ有意に高かった(72.4%と52.8%)。しかし陰性的中率が85.4%だったことから、MRIは、生検を不要にできるレベルの効果は持たないことが示唆された。

 BMJ誌の報告の原題は「MRI does not reduce biopsies in diagnosing breast
cancer」、 全文がこちら(PDFファイル)で閲覧
できる。また、JAMA誌の論文の原題は「Magnetic Resonance Imaging of the
Breast Prior to Biopsy」、要約はこちらで読むことができる。 
(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正