2004.12.13

「大学病院内での名義貸しは存続し続けていた」への投稿

 「投稿】大学病院内での名義貸しは存続し続けていた」への反響が相次いでいます。今日は、私学教官のお立場の方からいただいた投稿を紹介いたします。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 こちらの大学では大学院生を当直はもちろん、外来診察、病棟入院受け持ち患者の主治医、invasiveな検査のoperatorに従事させております。まあ、これは大なり小なりどこでもやっているでしょう。

 医局側のコメントとしては 「大学院生が臨床を手伝うことによって、大学院生の研究を指導する上級医の臨床の負担が減る。上級医は面倒をみてやっているのだから」とのこと。

 さらに大学院生に聞いてみると「毎年年度替りのときに、病院側からある誓約書にサインするよう求められる。病院の指示ではなく、本人の善意で臨床を手伝ってやる、といった屈辱的な内容」。 

 これは立場の弱い大学院生への病院からの脅迫ともとれるものでしょう。

 患者さんからは時々、学生(大学院生)にはみてもらいたくない、といった苦情も聞いたことがあります。

 某私学教官より

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22