2004.12.09

エイズ大流行の予兆か、HIV感染妊婦の報告数が急増、前年度の約1.5倍に

 日本エイズ学会で12月9日、わが国でのエイズ大流行の予兆を疑わせる数字が明らかになった。全国1600カ所以上の病院(産婦人科)から報告されているHIV感染妊婦の症例数が40件となり、前年度の報告数27例の約1.5倍に増えたという。防衛医科大学校産婦人科の喜多恒和氏が、シンポジウム3「HIVと妊婦をめぐる諸問題」の中で言及した。

 最近の報告によると、日本では若年層におけるHIV感染者の増加が危惧されていた。その結果として、HIV感染妊婦の報告数が増加することが予想されていた。

 全国の病院(産婦人科)から報告されるHIV感染妊婦の症例数は、この2、3年、30例前後で推移し、前年度は27例と落ち着いていた。それだけに、一挙に1.5倍の40例に増えたことは、「エイズ大流の兆しでなければいいのだが、注目すべき事態」(喜多氏)であり、確かに懸念すべき数字と言えそうだ。
(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0