2004.12.09

製薬企業が運営する医療関係者向けWebサイト、閲覧頻度が極めて低いことが浮き彫りに

 製薬企業が運営する医療関係者向けWebサイトは、医師の閲覧頻度が極めて低いことが浮き彫りになった。日経BPが実施した「医師のインターネット利用に関する調査」から、こんな実態が明らかになった。調査は、今年11月に日経メディカルの読者2408人を対象に行い、585人から回答を得た。

 その結果、インターネットを利用している医師の割合は86%に達し、1日の利用時間が1時間を超える医師も約3割存在した。

 製薬企業から各種の情報を受け取るのに、MR(医薬情報担当者)との面談を好むか、ネット経由を好むかを聞いた質問では、“ネット好き”かどうかで回答が大きく異なった。

 新薬に関する情報について、「常にネットでいい」「通常はネットで、必要に応じてMRから」と答えた割合は、利用時間が1時間を超える医師では28.7%だったのに対し、利用時間が30分未満の医師では11.6%でしかなかった。また、学会に関する情報については、利用時間が1時間を超える医師のうち6割以上が、「常にネット」「通常はネット」を選んだ。

 一方、製薬企業が運営する医療関係者向けWebサイトの閲覧状況について聞いた結果では、その閲覧頻度が極めて低いことが浮き彫りになった。

 最も閲覧頻度が高いのは武田薬品工業。以下、三共、万有製薬と続くが、閲覧頻度の推定値は武田でも月間0.78回でしかない。また、「Webサイトが役に立っている」と答えた医師の割合も、武田で11.2%にとどまった。

 調査の概要はこちらに掲載している。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0