2004.12.09

製薬企業が運営する医療関係者向けWebサイト、閲覧頻度が極めて低いことが浮き彫りに

 製薬企業が運営する医療関係者向けWebサイトは、医師の閲覧頻度が極めて低いことが浮き彫りになった。日経BPが実施した「医師のインターネット利用に関する調査」から、こんな実態が明らかになった。調査は、今年11月に日経メディカルの読者2408人を対象に行い、585人から回答を得た。

 その結果、インターネットを利用している医師の割合は86%に達し、1日の利用時間が1時間を超える医師も約3割存在した。

 製薬企業から各種の情報を受け取るのに、MR(医薬情報担当者)との面談を好むか、ネット経由を好むかを聞いた質問では、“ネット好き”かどうかで回答が大きく異なった。

 新薬に関する情報について、「常にネットでいい」「通常はネットで、必要に応じてMRから」と答えた割合は、利用時間が1時間を超える医師では28.7%だったのに対し、利用時間が30分未満の医師では11.6%でしかなかった。また、学会に関する情報については、利用時間が1時間を超える医師のうち6割以上が、「常にネット」「通常はネット」を選んだ。

 一方、製薬企業が運営する医療関係者向けWebサイトの閲覧状況について聞いた結果では、その閲覧頻度が極めて低いことが浮き彫りになった。

 最も閲覧頻度が高いのは武田薬品工業。以下、三共、万有製薬と続くが、閲覧頻度の推定値は武田でも月間0.78回でしかない。また、「Webサイトが役に立っている」と答えた医師の割合も、武田で11.2%にとどまった。

 調査の概要はこちらに掲載している。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256