2004.12.09

製薬企業が運営する医療関係者向けWebサイト、閲覧頻度が極めて低いことが浮き彫りに

 製薬企業が運営する医療関係者向けWebサイトは、医師の閲覧頻度が極めて低いことが浮き彫りになった。日経BPが実施した「医師のインターネット利用に関する調査」から、こんな実態が明らかになった。調査は、今年11月に日経メディカルの読者2408人を対象に行い、585人から回答を得た。

 その結果、インターネットを利用している医師の割合は86%に達し、1日の利用時間が1時間を超える医師も約3割存在した。

 製薬企業から各種の情報を受け取るのに、MR(医薬情報担当者)との面談を好むか、ネット経由を好むかを聞いた質問では、“ネット好き”かどうかで回答が大きく異なった。

 新薬に関する情報について、「常にネットでいい」「通常はネットで、必要に応じてMRから」と答えた割合は、利用時間が1時間を超える医師では28.7%だったのに対し、利用時間が30分未満の医師では11.6%でしかなかった。また、学会に関する情報については、利用時間が1時間を超える医師のうち6割以上が、「常にネット」「通常はネット」を選んだ。

 一方、製薬企業が運営する医療関係者向けWebサイトの閲覧状況について聞いた結果では、その閲覧頻度が極めて低いことが浮き彫りになった。

 最も閲覧頻度が高いのは武田薬品工業。以下、三共、万有製薬と続くが、閲覧頻度の推定値は武田でも月間0.78回でしかない。また、「Webサイトが役に立っている」と答えた医師の割合も、武田で11.2%にとどまった。

 調査の概要はこちらに掲載している。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33