2004.12.08

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:ポスト・スタチンの主役を探る(下)

 ポスト・スタチン薬として開発中の物質で、しかも経口薬であるものは、ほとんどがCETP(コレステロールエステル輸送蛋白質)とPPAR(ペルオキシソーム増殖因子活性受容体)に関連している。そのうち最も製品化に近いのが、ファイザーのCETP阻害薬であるトルセトラピブだ。

 CETPは血漿糖蛋白質で、善玉コレステロールのHDLが悪玉コレステロールのLDLへ転換するのを促進する。研究者はこの化学反応を阻害することで、HDLの血清中濃度を高められると考えている。

 ファイザーは今年初め、New England Journal of Medicineにトルセトラピブのフェーズ2試験のデータを発表。さらに、同社のベストセラーであるスタチン薬Lipitorとの併用でフェーズ3試験を開始した(詳しくは[Pharma Businesshttp://pharma.nikkeibp.co.jp/]でご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  2. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:246
  3. 46歳男性。皮下硬結を伴う褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:14
  5. 「透析中の精神疾患は見捨てる」で良いのですか その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:27
  6. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:81
  7. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:16
  8. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:155
  9. 入局せずPhDも取らなかった12年目消化器外科医… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:125
  10. IBSの病態自覚を促すアプリを作りました 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:79
医師と医学研究者におすすめの英文校正