2004.12.08

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:ポスト・スタチンの主役を探る(下)

 ポスト・スタチン薬として開発中の物質で、しかも経口薬であるものは、ほとんどがCETP(コレステロールエステル輸送蛋白質)とPPAR(ペルオキシソーム増殖因子活性受容体)に関連している。そのうち最も製品化に近いのが、ファイザーのCETP阻害薬であるトルセトラピブだ。

 CETPは血漿糖蛋白質で、善玉コレステロールのHDLが悪玉コレステロールのLDLへ転換するのを促進する。研究者はこの化学反応を阻害することで、HDLの血清中濃度を高められると考えている。

 ファイザーは今年初め、New England Journal of Medicineにトルセトラピブのフェーズ2試験のデータを発表。さらに、同社のベストセラーであるスタチン薬Lipitorとの併用でフェーズ3試験を開始した(詳しくは[Pharma Businesshttp://pharma.nikkeibp.co.jp/]でご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:201
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:569
  3. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  4. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  6. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:92
  7. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:213
  8. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  9. ガイドライン外来診療◆不眠症 ガイドライン外来診療 FBシェア数:2
  10. 流行ウイルスはAH3? それともAH1pdm09… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:163