2004.12.08

アークレイ、尿中クレアチニンを測定可能な尿定性試験紙を発売

 アークレイは12月7日、尿中クレアチニンを検査できる尿定性試験紙「オーションスティックス 10PA」を医療機関向けに発売した。希望納入価格は100枚入りプラスチックボトル1びんで2万円(税別)。

 測定項目は、クレアチニンのほか、ブドウ糖、たんぱく質、ウロビリノーゲン、ビリルビン、pH、潜血、ケトン体、亜硝酸塩、白血球の10種類。判定時間は白血球が90秒、他の項目は60秒。目視試験のほか、専用の全自動尿分析装置「オーションマックス AX-4280」でも測定できる。

 クレアチニンは尿量に関係なく一定量が尿中に排泄されるため、尿中クレアチニン濃度は尿の濃縮度合いの指標になる。同社では、尿たんぱくを測定する際、たんぱくとクレアチニンの比を求めることでたんぱく濃度を補正でき、随時尿を用いる検査の信頼度を上げることができるとしている。

 アークレイのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33