2004.12.08

アークレイ、尿中クレアチニンを測定可能な尿定性試験紙を発売

 アークレイは12月7日、尿中クレアチニンを検査できる尿定性試験紙「オーションスティックス 10PA」を医療機関向けに発売した。希望納入価格は100枚入りプラスチックボトル1びんで2万円(税別)。

 測定項目は、クレアチニンのほか、ブドウ糖、たんぱく質、ウロビリノーゲン、ビリルビン、pH、潜血、ケトン体、亜硝酸塩、白血球の10種類。判定時間は白血球が90秒、他の項目は60秒。目視試験のほか、専用の全自動尿分析装置「オーションマックス AX-4280」でも測定できる。

 クレアチニンは尿量に関係なく一定量が尿中に排泄されるため、尿中クレアチニン濃度は尿の濃縮度合いの指標になる。同社では、尿たんぱくを測定する際、たんぱくとクレアチニンの比を求めることでたんぱく濃度を補正でき、随時尿を用いる検査の信頼度を上げることができるとしている。

 アークレイのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55