2004.12.08

アークレイ、尿中クレアチニンを測定可能な尿定性試験紙を発売

 アークレイは12月7日、尿中クレアチニンを検査できる尿定性試験紙「オーションスティックス 10PA」を医療機関向けに発売した。希望納入価格は100枚入りプラスチックボトル1びんで2万円(税別)。

 測定項目は、クレアチニンのほか、ブドウ糖、たんぱく質、ウロビリノーゲン、ビリルビン、pH、潜血、ケトン体、亜硝酸塩、白血球の10種類。判定時間は白血球が90秒、他の項目は60秒。目視試験のほか、専用の全自動尿分析装置「オーションマックス AX-4280」でも測定できる。

 クレアチニンは尿量に関係なく一定量が尿中に排泄されるため、尿中クレアチニン濃度は尿の濃縮度合いの指標になる。同社では、尿たんぱくを測定する際、たんぱくとクレアチニンの比を求めることでたんぱく濃度を補正でき、随時尿を用いる検査の信頼度を上げることができるとしている。

 アークレイのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79