2004.12.08

アークレイ、尿中クレアチニンを測定可能な尿定性試験紙を発売

 アークレイは12月7日、尿中クレアチニンを検査できる尿定性試験紙「オーションスティックス 10PA」を医療機関向けに発売した。希望納入価格は100枚入りプラスチックボトル1びんで2万円(税別)。

 測定項目は、クレアチニンのほか、ブドウ糖、たんぱく質、ウロビリノーゲン、ビリルビン、pH、潜血、ケトン体、亜硝酸塩、白血球の10種類。判定時間は白血球が90秒、他の項目は60秒。目視試験のほか、専用の全自動尿分析装置「オーションマックス AX-4280」でも測定できる。

 クレアチニンは尿量に関係なく一定量が尿中に排泄されるため、尿中クレアチニン濃度は尿の濃縮度合いの指標になる。同社では、尿たんぱくを測定する際、たんぱくとクレアチニンの比を求めることでたんぱく濃度を補正でき、随時尿を用いる検査の信頼度を上げることができるとしている。

 アークレイのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176