2004.12.07

不可欠になる患者への情報提供、病院の評価に直結、迫る法規制

 医療機関にとって、患者への医療情報の提供がますます重要になってきている。その背景にはいくつかの理由がある。

 まず、患者に対する情報提供が病院の評価で重要な位置を占めるようになってきたことが挙げられる。最近、出版が相次いでいる「病院ランキング」本でも、「情報提供にどれだけ積極的か」を評価項目に含んでいるケースが多いのは、その一例といえる。

 次に、2005年4月から、医療機関にも個人情報保護法が適用されることがある。この法律が適用されると、患者からの求めがあれば、カルテなどの医療情報は基本的に開示が義務づけられる見込みだ。

 こうした中、先行して患者への情報提供を積極的に進めている病医院では、様々な面でメリットを享受している。例えば、まついクリニック(兵庫県明石市)では、電子カルテの内容を患者に見せながら診療し、さらにインターネット経由で患者が自宅などからカルテを見ることができるようにしている。院長の松井豊氏は、患者への情報提供のメリットについて、「患者によって『チェックされている』という意識が高まるため、医療の品質管理につながる」と話している。  このほか、治療方法の変更などをする際に、「今までの経緯を電子カルテで表示しながら説明できるので、患者の理解が深まる」(松井氏)点もメリットだという。

 医療の質を高め患者の満足度を向上させるために、情報提供は避けて通れない時代になったと言えるだろう(詳細は「日経ヘルスケア21」12月号特集記事をご参照ください)。(久保俊介、日経ヘルスケア21) 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25