2004.12.07

不可欠になる患者への情報提供、病院の評価に直結、迫る法規制

 医療機関にとって、患者への医療情報の提供がますます重要になってきている。その背景にはいくつかの理由がある。

 まず、患者に対する情報提供が病院の評価で重要な位置を占めるようになってきたことが挙げられる。最近、出版が相次いでいる「病院ランキング」本でも、「情報提供にどれだけ積極的か」を評価項目に含んでいるケースが多いのは、その一例といえる。

 次に、2005年4月から、医療機関にも個人情報保護法が適用されることがある。この法律が適用されると、患者からの求めがあれば、カルテなどの医療情報は基本的に開示が義務づけられる見込みだ。

 こうした中、先行して患者への情報提供を積極的に進めている病医院では、様々な面でメリットを享受している。例えば、まついクリニック(兵庫県明石市)では、電子カルテの内容を患者に見せながら診療し、さらにインターネット経由で患者が自宅などからカルテを見ることができるようにしている。院長の松井豊氏は、患者への情報提供のメリットについて、「患者によって『チェックされている』という意識が高まるため、医療の品質管理につながる」と話している。  このほか、治療方法の変更などをする際に、「今までの経緯を電子カルテで表示しながら説明できるので、患者の理解が深まる」(松井氏)点もメリットだという。

 医療の質を高め患者の満足度を向上させるために、情報提供は避けて通れない時代になったと言えるだろう(詳細は「日経ヘルスケア21」12月号特集記事をご参照ください)。(久保俊介、日経ヘルスケア21) 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
  2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
  3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
  4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
  5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
  7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
  9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11