2004.12.07

不可欠になる患者への情報提供、病院の評価に直結、迫る法規制

 医療機関にとって、患者への医療情報の提供がますます重要になってきている。その背景にはいくつかの理由がある。

 まず、患者に対する情報提供が病院の評価で重要な位置を占めるようになってきたことが挙げられる。最近、出版が相次いでいる「病院ランキング」本でも、「情報提供にどれだけ積極的か」を評価項目に含んでいるケースが多いのは、その一例といえる。

 次に、2005年4月から、医療機関にも個人情報保護法が適用されることがある。この法律が適用されると、患者からの求めがあれば、カルテなどの医療情報は基本的に開示が義務づけられる見込みだ。

 こうした中、先行して患者への情報提供を積極的に進めている病医院では、様々な面でメリットを享受している。例えば、まついクリニック(兵庫県明石市)では、電子カルテの内容を患者に見せながら診療し、さらにインターネット経由で患者が自宅などからカルテを見ることができるようにしている。院長の松井豊氏は、患者への情報提供のメリットについて、「患者によって『チェックされている』という意識が高まるため、医療の品質管理につながる」と話している。  このほか、治療方法の変更などをする際に、「今までの経緯を電子カルテで表示しながら説明できるので、患者の理解が深まる」(松井氏)点もメリットだという。

 医療の質を高め患者の満足度を向上させるために、情報提供は避けて通れない時代になったと言えるだろう(詳細は「日経ヘルスケア21」12月号特集記事をご参照ください)。(久保俊介、日経ヘルスケア21) 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 90歳女性。内視鏡検査中の急な心停止 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:24
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:85
  3. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  4. 救急病院が勤務医による在宅医療を重視する理由 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《1》 FBシェア数:266
  5. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  6. 早期退院促す国策に追い込まれ…赤字の危機に 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:49
  7. 胸を手で押さえた後に生じた<一過性意識消失> 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:76
  8. 論文を正しく読むのはけっこう難しい NMO STORE レビュー FBシェア数:1
  9. 焦ると大声が出る院長、パワハラ加害者に? 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:47
  10. エクアの便秘ではアレを疑え!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正