2004.12.07

癌生存率開示ガイドライン 癌病院の成績を“生存率係数”で比較

 全がん協が癌生存率を開示する際の指針をまとめた。同一尺度で成績を開示し、利用者が施設を比較できるようにするのが狙い。全がん協やがん拠点病院がこれに基づく公表を率先するか、注目される。

 癌診療格差の実態への関心の高まりを受け、自院のホームページで癌の5年生存率などを開示する施設が増えている。しかし、その数が少ないのみならず、開示の際の計算・表記方法が統一されていないため、施設間の生存率比較ができないことが問題となっている。

 症例数や消息判明率、癌の対象範囲も明記されていない場合が多く、「計算法によって有利、不利が出る」「実際より高く見せかけることも可能」との批判が多く出ていた。

“品質”を表示し精度も保証

 こうした声に応えるべく、全国がん(成人病)センター協議会(以下、全がん協)が、「全がん協加盟施設における がん患者生存率公表にあたっての指針」を総会で承認した。

 これは、厚生労働省がん研究助成金による「地域がん専門診療施設におけるソフト面の整備拡充に関する研究班」(班長:猿木信裕・群馬県立がんセンター手術部長)が、公平な開示を促すために策定したガイドライン。

 指針をとりまとめた猿木氏は、「すでにそれぞれの定義で成績を開示している施設も、改めてこの指針に合わせてほしい。利用者が混乱なく施設を比較できるようになる。また、全がん協平均を尺度として比べることで、治療成績の均てん化を誘導することもできる」と、その意図を語る。均てん化とは、全国で質の高い医療を実現することにほかならない。

 指針の主な内容は、(1)データの“品質表示”の考えを導入し、14項目の内容表示を推奨すると同時に、全がん協全国調査の開示方法に合わせることを奨励する、(2)全がん協全国調査結果を尺度に病期調整生存率、年齢調整生存率を計算し開示することを推奨する、(3)精度を保証するため、消息判明率95%以上、病期判明率80%以上を目標とし、消息判明率90%未満、病期判明率60%未満は開示しない――など。

 品質表示の14項目とは、信頼性(院内がん登録データかどうか)、対象範囲(例:初回入院)、対象期間、対象部位(例:上内皮癌除外)、病期分類法(例:臨床病期)、病期判明率、手術割合、検診由来割合、消息判明率、算定方法(例:カプラン・マイヤー法)など。

 病期調整生存率の算出の鍵となるのが、各施設の「生存率係数」だ。まず、全がん協の病期別期待生存率と各施設の病期別症例数から、病期別期待生存数を出す。その和を合計期待生存数とし、実測生存数を合計期待生存数で割った値が生存率係数である。

 例えばA病院の胃癌の実測生存数が194人で、期待生存数が203.52人とすれば、「生存率係数」は、194÷203.52で0.953。A病院の成績表示は次のように行われる。

・基準生存率(全がん協合計)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54