2004.12.07

マイクロソフト、障害者のIT利用を支援する人材養成 3年で800人目指す

 マイクロソフトは、障害者のIT利用を支援する人材を育てるための研修活動を2005年4月に開始する。障害者へのIT支援を実施している全国の非営利団体のメンバーを対象に、開始後3年間で約800人の育成を目指すという。

 この人材育成は、マイクロソフトが特定非営利活動法人(NPO)のe-AT利用促進協会と共同で実施する「障害者のIT利用支援のためのUPプログラム」の一環。UP(Unlimited Potential)プログラムはマイクロソフトが世界的に実施している社会貢献活動で、国内では、地域の障害者就労支援や女性のドメスティックバイオレンス被害者の支援など、今回のIT利用支援以外に3つのプログラムによる活動が行われている。

 本プログラムによる人材研修によって、受講者は障害者のニーズに対応した電子情報支援技術を学ぶことができる。マイクロソフトでは、研修以外に、電子情報支援技術に関する情報提供や個別のコンサルティング活動も実施する予定としている。

 マイクロソフトのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正