2004.12.07

マイクロソフト、障害者のIT利用を支援する人材養成 3年で800人目指す

 マイクロソフトは、障害者のIT利用を支援する人材を育てるための研修活動を2005年4月に開始する。障害者へのIT支援を実施している全国の非営利団体のメンバーを対象に、開始後3年間で約800人の育成を目指すという。

 この人材育成は、マイクロソフトが特定非営利活動法人(NPO)のe-AT利用促進協会と共同で実施する「障害者のIT利用支援のためのUPプログラム」の一環。UP(Unlimited Potential)プログラムはマイクロソフトが世界的に実施している社会貢献活動で、国内では、地域の障害者就労支援や女性のドメスティックバイオレンス被害者の支援など、今回のIT利用支援以外に3つのプログラムによる活動が行われている。

 本プログラムによる人材研修によって、受講者は障害者のニーズに対応した電子情報支援技術を学ぶことができる。マイクロソフトでは、研修以外に、電子情報支援技術に関する情報提供や個別のコンサルティング活動も実施する予定としている。

 マイクロソフトのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25