2004.12.07

【再掲】特集「癌治療の実力病院」 癌病院は「生存率で選ばれる」時代に!

 日経メディカルは、日本経済新聞と共同で、癌診療病院773施設を対象に大規模調査を行い、200病院余りから回答を得た。その結果、982の診療科から、胃癌、肺癌、肝臓癌、直腸癌、結腸癌、乳癌の6つの癌に関して、病期別5年生存率など、約13万症例の成績が集まった(調査概要はこちら)。



 浮かび上がってきたのは、「癌治療に強い」との評判と実際の成績とは必ずしも一致しないこと、着実な実績を上げる実力病院がある一方で、5年生存率が平均よりかなり低い病院もあり、大きな実力格差が存在すること−−などだ。

 癌病院はブランドと評判で選ばれるのではなく、開示された成績と評価で選別される時代になった。(埴岡健一、日経メディカル
日本経済新聞で、本調査に基づく連載が進行中

●お知らせ
ランキング表は、日経メディカル12月10日号 特別編集版に掲載されたものです。

●調査の概要
詳細はこちらから

回答病院一覧はこちら

☆患者の方へ:本ランキングは病院の診療の質の傾向をある程度反映していると考えられますが、ランキングの多少の順位の違いが、必ずしも、診療の質の格差を明確に示しているとは限りません。また、個別の患者に対してどの診療科が優れているかを直接示すものではありません。さらに、5年生存率は1995年〜97年の過去の症例に関するものです。実際の施設選択は、主治医などとよくご相談され、必要に応じてセカンドオピニオンを取られるなどして、なさってください。日経BP社は、本調査、ランキングを利用した結果引き起こされることについて、一切、責任を負うことはできないことをあらかじめご了解のうえ、ご利用ください。

●訂正:日経メディカル2004年12月号特別編集版の12、13ページに掲載した胃癌ランキング(MedWaveでは2004年12月12日に掲載)において、「14位 和歌山県立医大病院 第2内科」に関して、生存率調査票の記入に誤りがあることが判明しましたので、ランキング14位から削除します。また、その下位の病院のランキングを順次、1つずつ繰り上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「ブランドで選ぶな」「病院内診療科格差に注意」「5年生存率の病院格差は大」――。癌が疑われる患者を専門病院に紹介する際に、考慮すべき選定ポイント7カ条(右図)が浮かび上がった。“生存率”で癌診療病院を選択する時代になったのだ。

ブランド頼みの選択は疑問

 調査結果から総合ランキング(図1、pdfファイル、12月11日掲載)を作成した。これは、癌診療病院の治療成績(アウトカム。5年生存率などの実績)、「過程」(医療の質向上や患者満足のための取り組み)、「構造」(組織、人員、設備などの体制)の3つの観点から、総合力を評価した結果だ(評価方法の詳細は調査概要参照)。

 治療成績を200点、その他を100点ずつとして、合計得点(400点満点)でランキングした。6つの癌の診療成績と癌病院としての体制整備の総合力を示すものだ。

 主要な癌診療病院には、全国がん(成人病)センター(以下、全がん協)加盟病院(30病院)、地域がん診療拠点(87病院。以下、がん拠点病院)、特定機能病院等(82病院)の3種類がある。ベスト20には、それぞれ8病院、6病院、6病院とほぼ同数が入った。

 日本の癌診療をリードする立場にある全がん協施設が、上位を独占するわけでもない。地域の癌の診療拠点であるがん拠点病院も、すべてが上位には入らない。一方で、専門施設ではない大学病院にも、上位にランク入りしたところが多数ある。

 6種の癌別ランキング(別紙、12月12日から順次掲載)でも同様の傾向が見られる。医師が患者を紹介したり、セカンドオピニオンに送り出すとき、あるいは、患者として病院を選ぶとき、病院のブランドや一般的名声は、信頼の尺度にならない。生存率などの診療成績を見たうえでの「根拠ある選択」が、必要になってきた。

「癌別ランキング ベスト3」はこちら

*6種の癌別ランキング(12月12日から順次掲載)
 12月12日 胃癌(pdfファイル)
 12月13日 肺癌(pdfファイル)
 12月14日 肝臓癌(pdfファイル)
 12月15日 直腸癌(pdfファイル)
 12月16日 結腸癌(pdfファイル)
 12月17日 乳癌(pdfファイル)

つづきはこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14