2004.12.06

厚労省、脱法ドラッグ2種類を麻薬に指定へ、パブコメ募集後、年度内に政令改正

 厚生労働省は「フォクシー」「デイトリッパー」などとして流通していた2種類の物質を麻薬および向精神薬取締法に基づく麻薬に指定することに決めた。12月3日から1カ月間パブリックコメントを募集し、2004年度内をめどに政令を改正する。

 新たに麻薬指定されるのは、5-Meo-DIPT、およびAMTと呼ばれる物質。5-Meo-DIPTはフォクシー、フォクシーメトキシ、AMTはデイトリッパーと俗に呼ばれる。いずれも幻覚剤で、浮揚感、視覚・聴覚変容作用、瞳孔散大、情緒障害などの作用がある。

 厚労省では、このほかの脱法ドラッグについても麻薬指定の根拠となる科学的知見を得るための依存性や精神毒性についての試験を実施し、速やかに麻薬指定に踏み切りたい考え。

 厚生労働省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:172
  2. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:648
  5. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  6. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:101
  7. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  8. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:69
  9. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  10. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:217