2004.12.06

厚労省、脱法ドラッグ2種類を麻薬に指定へ、パブコメ募集後、年度内に政令改正

 厚生労働省は「フォクシー」「デイトリッパー」などとして流通していた2種類の物質を麻薬および向精神薬取締法に基づく麻薬に指定することに決めた。12月3日から1カ月間パブリックコメントを募集し、2004年度内をめどに政令を改正する。

 新たに麻薬指定されるのは、5-Meo-DIPT、およびAMTと呼ばれる物質。5-Meo-DIPTはフォクシー、フォクシーメトキシ、AMTはデイトリッパーと俗に呼ばれる。いずれも幻覚剤で、浮揚感、視覚・聴覚変容作用、瞳孔散大、情緒障害などの作用がある。

 厚労省では、このほかの脱法ドラッグについても麻薬指定の根拠となる科学的知見を得るための依存性や精神毒性についての試験を実施し、速やかに麻薬指定に踏み切りたい考え。

 厚生労働省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 90歳女性。内視鏡検査中の急な心停止 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:24
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:85
  3. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  4. 救急病院が勤務医による在宅医療を重視する理由 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《1》 FBシェア数:266
  5. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  6. 早期退院促す国策に追い込まれ…赤字の危機に 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:49
  7. 胸を手で押さえた後に生じた<一過性意識消失> 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:76
  8. 論文を正しく読むのはけっこう難しい NMO STORE レビュー FBシェア数:1
  9. 焦ると大声が出る院長、パワハラ加害者に? 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:47
  10. エクアの便秘ではアレを疑え!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正