2004.12.06

厚労省、脱法ドラッグ2種類を麻薬に指定へ、パブコメ募集後、年度内に政令改正

 厚生労働省は「フォクシー」「デイトリッパー」などとして流通していた2種類の物質を麻薬および向精神薬取締法に基づく麻薬に指定することに決めた。12月3日から1カ月間パブリックコメントを募集し、2004年度内をめどに政令を改正する。

 新たに麻薬指定されるのは、5-Meo-DIPT、およびAMTと呼ばれる物質。5-Meo-DIPTはフォクシー、フォクシーメトキシ、AMTはデイトリッパーと俗に呼ばれる。いずれも幻覚剤で、浮揚感、視覚・聴覚変容作用、瞳孔散大、情緒障害などの作用がある。

 厚労省では、このほかの脱法ドラッグについても麻薬指定の根拠となる科学的知見を得るための依存性や精神毒性についての試験を実施し、速やかに麻薬指定に踏み切りたい考え。

 厚生労働省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051