2004.12.06

感染性胃腸炎とA群溶レン菌咽頭炎、5週間で定点報告数2倍に:感染症週報第47週から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが12月3日に公表した2004年第47週(11月15日〜11月21日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、感染性胃腸炎やA群溶血性レンサ球菌咽頭炎、水痘などの報告数が大きく増加してきている。第42週から47週までの5週間に感染性胃腸炎の定点当たり報告数(医療機関当たりの患者数)は約1.9倍、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は約2倍、水痘は約2.6倍に増加した。

 感染性胃腸炎は過去10年の同時期と比較すると、1994年、1996年、1998年に次いで低く流行の立ち上がりは遅い方だが、例年、年末にかけて急増する傾向があるので注意する必要がある。今年は第34週以降、横ばいから微増傾向にあったが第43週頃から増加傾向が強まり、46、47週は大きく増加した。都道府県別では福井県(8.9)、熊本県(8.1)が多い。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は第43週以降は増加のピッチが早まっている。都道府県別では山形県(3.5)、北海道(2.3)、富山県(2.1)が多い。

 水痘は第33週頃まで減少した後、第34週から第41週頃まで横ばいに推移し、その後増加に転じた。都道府県別では福井県(3.0)、岩手県(2.6)、宮崎県(2.5)が多い。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(11月25日集計分)。
 1類感染症:報告なし。
 2類感染症:細菌性赤痢10例、パラチフス1例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症35例(うち有症者29例)。愛媛県(8例)、東京都(4例)が多い。
 4類感染症:つつが虫病14例、日本紅斑熱1例、マラリア2例、レジオネラ症4例、E型肝炎1例(推定感染源:生のブタ肉)、レプトスピラ症1例。
 5類感染症:アメーバ赤痢4例、ウイルス性肝炎3例(いずれもB型)、クロイツフェルト・ヤコブ病3例、後天性免疫不全症候群7例(AIDS3例、無症候4例)、ジアルジア症1例、梅毒8例、破傷風1例、急性脳炎4例。

 詳しくは感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 毎日が帯状疱疹!?チョロい疾患と侮るなかれ 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:138
  2. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:404
  3. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:354
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 介護放棄を「殺人」と断罪できるか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:181
  6. 一足早く知りたい? 2018改定の注目点はココ! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  7. 心停止時にこそ分かる医師と患者の信頼関係 リポート◎見込みのない心肺蘇生を回避するには(後編) FBシェア数:174
  8. リード不要、心室に留置するペースメーカー登場 トレンド◎心臓ペーシング治療、新時代 FBシェア数:650
  9. 新専門医制度のQ&A集を機構が公開 NEWS FBシェア数:4
  10. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:164