2004.12.06

喫煙は認知能低下のリスク因子

 英国の研究者らが、喫煙は、認知能低下を予防しないどころか、実はリスク因子であることを示したという。British Medical Journal(BMJ)誌12月4日号のNews roundupに掲載されたこの記事は、Addictive Behaviors誌の最新号(30巻、77-88ページ、2005年)の「Childhood IQ, smoking and cognitive change from age 11 to 64 years」と題された論文を紹介している。

 喫煙は、覚醒水準、注意力、記憶力を高め、痴呆のリスクを下げると主張する人がいる。そこで研究者たちは、喫煙が認知能低下のリスク因子か否かを調べた。興味の中心は、喫煙の利益がIQに現れるかどうかにあった。

 対象となったのは、1936年生まれで、1947年に同じIQ検査を受けた約500人の男女だ。被験者たちは64歳前後で、5種類の認知能検査を受けた。交絡因子候補として、11歳時のIQ、職業の種類、教育レベル、心疾患と高血圧の有無、肺機能が調べられた。重回帰分析の結果は、11歳時のIQ、教育レベル、職業、肺機能、喫煙が、64歳時の精神機能の独立した予測変数であることを示した。64歳の喫煙者と非喫煙者(禁煙者を含む)の間には、5種類の認知能検査の結果を総合したスコアに有意な差があった。認識能検査の中で、言葉の記憶には喫煙の影響は現れず、Degit Symbolテストで示される神経運動速度(情報処理速度)は喫煙により有意に減少していた。11歳時のIQ差を調整した後の、64歳時の認知能の差に対する寄与率は、教育と職業が約5.7%、喫煙と肺機能の低下の組合わせが4%弱となった。

 著者らは「長期的喫煙が、認知能力に長期に渡る利益を与えることはないと結論付けた。反対に、喫煙は11歳から64歳までの間の認知能低下のリスク因子だった。その程度は個々人レベルでは相対的に小さいが、集団レベルでは重要だ。生き方の選択を正しく行えば、認知機能の維持や増強を図れるからだ」と述べている。

 BMJ誌の記事の原題は「Long term smoking contributes to cognitive decline」、全文がこちらで閲覧できる。 
(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239