2004.11.29

ノバルティス、ビスホスホネート製剤で乳癌の溶骨性骨転移の適応症承認を取得

 ノバルティス ファーマは11月29日、ビスホスホネート製剤の「アレディア注」(一般名:パミドロン酸二ナトリウム)について、国内で初めて乳癌の溶骨性骨転移の適応症が化学療法、内分泌療法、放射線療法との併用で承認されたと発表した。

 アレディアは、厚生労働省が設置した抗癌剤併用療法に関する検討会で、乳癌の溶骨性骨転移に対する適応拡大が検討され、その結果を受けてノバルティスが今年7月に承認申請を行っていた。

 乳癌の溶骨性骨転移に対するパミドロン酸の臨床試験データとしては、海外で化学療法施行中の乳癌骨転移患者を対象に、骨関連合併症を発症するまでの期間についての比較試験が行われており、中央値でプラセボ群の7.0カ月に対し、パミドロン酸群では13.9カ月と有意な延長が見られている。

 ノバルティス ファーマのプレスリリースはこちらで閲覧できる(pdfファイル)。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7