2004.11.29

ノバルティス、ビスホスホネート製剤で乳癌の溶骨性骨転移の適応症承認を取得

 ノバルティス ファーマは11月29日、ビスホスホネート製剤の「アレディア注」(一般名:パミドロン酸二ナトリウム)について、国内で初めて乳癌の溶骨性骨転移の適応症が化学療法、内分泌療法、放射線療法との併用で承認されたと発表した。

 アレディアは、厚生労働省が設置した抗癌剤併用療法に関する検討会で、乳癌の溶骨性骨転移に対する適応拡大が検討され、その結果を受けてノバルティスが今年7月に承認申請を行っていた。

 乳癌の溶骨性骨転移に対するパミドロン酸の臨床試験データとしては、海外で化学療法施行中の乳癌骨転移患者を対象に、骨関連合併症を発症するまでの期間についての比較試験が行われており、中央値でプラセボ群の7.0カ月に対し、パミドロン酸群では13.9カ月と有意な延長が見られている。

 ノバルティス ファーマのプレスリリースはこちらで閲覧できる(pdfファイル)。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0