2004.11.29

ノバルティス、ビスホスホネート製剤で乳癌の溶骨性骨転移の適応症承認を取得

 ノバルティス ファーマは11月29日、ビスホスホネート製剤の「アレディア注」(一般名:パミドロン酸二ナトリウム)について、国内で初めて乳癌の溶骨性骨転移の適応症が化学療法、内分泌療法、放射線療法との併用で承認されたと発表した。

 アレディアは、厚生労働省が設置した抗癌剤併用療法に関する検討会で、乳癌の溶骨性骨転移に対する適応拡大が検討され、その結果を受けてノバルティスが今年7月に承認申請を行っていた。

 乳癌の溶骨性骨転移に対するパミドロン酸の臨床試験データとしては、海外で化学療法施行中の乳癌骨転移患者を対象に、骨関連合併症を発症するまでの期間についての比較試験が行われており、中央値でプラセボ群の7.0カ月に対し、パミドロン酸群では13.9カ月と有意な延長が見られている。

 ノバルティス ファーマのプレスリリースはこちらで閲覧できる(pdfファイル)。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1