2004.11.29

医薬品R&D競争力再生プロジェクト:日本製薬企業の問題点(5) 研究開発の効率的推進を阻害する企画部門

 日本の製薬企業には、ほぼ例外なく「経営企画」や「研究開発企画」など、組織横断的なマネジメント支援部門が存在する。これら企画部門は本来、グローバルな競争にさらされている製薬企業において、全社的な危機感を背景に、研究開発プロジェクトを強力かつ戦略的に推進する役割を担うべきである。ところが実際は、旧態依然とした組織構造の下であいまいな役割のまま放置されているため、かえって新しいプロジェクトの推進を阻害する要因になっている。

 具体的には、予算配分と称して各部門やプロジェクトの予算を一律に削ってみたり増やしてみたり、経営陣からの要請による綿密な資料作りに忙殺されているようなケースが多い。会議と承認プロセスの準備や、そのステップを体系化・形式化すること自体が主要な業務になっており、その結果として不要な作業と負荷をプロジェクトの現場に課している(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176