2004.11.29

日本BD、クラミジアと淋菌を3時間で動じ検出可能な検査システムを発売

 日本ベクトン・ディッキンソン(日本BD)は、独自の核酸増幅法を採用、前処理を含めて約3時間でクラミジアと淋菌の増幅と検出が可能な検査システム「BDプローブテックET クラミジア・トラコマチス ナイセリア・ゴノレア」を11月26日に発売した。本体価格は624万円、ヒーターなどを含めたシステム価格は800万円強になる。主として検査センターや大規模病院の検査室などの利用を想定している。

 本製品では、Strand Displacement Amplification(SDA)と呼ぶ遺伝子増幅法を採用、一定温度下で増幅と検出を同時に実施できる。クラミジアと淋菌の同時検出では最大30検体、クラミジアだけの検出では46検体を処理可能。前処理から検出までを約3時間で完了する。反応試薬はマイクロウエルに塗布されているため、試薬調整の手間が不要となる。増幅と検出は閉鎖環境で行うため、環境汚染リスクも少ない。検査の保険点数はクラミジア、淋菌とも240点。

 日本ベクトン・ディッキンソンの製品紹介はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:7
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  3. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  4. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:12
  5. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:222
  6. 山形県の麻疹感染で3次感染例を確認、研修医も感染 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:174
  7. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:432
  8. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  9. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:109
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1976